【簡単】STP分析とは?

マーケティング

 

ムラホ!!おおいしです!

今日はSTP分析について簡単に解説していきます!

【簡単】STP分析とは?

STP分析とは?

STP分析

STP分析とは、Segmentation(セグメンテーション)、Targeting(ターゲティング)、Positioning(ポジショニング)の3つの英単語の頭文字をとった分析手法です。

誰に対して(セグメンテーションとターゲティング)どんな価値を提供するべきなのか(ポジショニング)を決めるプロセスです。

 

  • Segmentation(市場細分化)

市場を細分化すること。

  • Targeting(ターゲット設定)

細分化したグループの中から、どの市場を狙うか決めること。

  • Positioning(ポジション設定)

ターゲットに設定した市場における自社の立ち位置を明確にすること。

STP分析の目的

ビジネス

 

STP分析の目的は、自社の優位性を確保できるポジションを見つけ出すことです。

どの市場(顧客)を狙い、どのような立ち位置でアピールしていくか、最も効果的な手段を決定するために用いられます。

STP分析のやり方

マーケティング環境分析(製品特性分析ファイブフォース分析PEST分析3C分析SWOT分析)の結果を踏まえて、不特定多数の市場を同じニーズを持つセグメントに分け(セグメンテーション)、ターゲットを絞り(ターゲティング)、どのように自社製品を差別化するのか(ポジショニング)を決定していきます。

STP分析やり方

Segmentation(セグメンテーション)

セグメンテーションでは、似たようなニーズを持つ顧客層に分けていきます。

不特定多数の人たちがいる市場を分けるセグメンテーションでは、どのような軸で分けるのかがポイントになります。

以下が代表的な変数です。

 

セグメンテーション変数

Targeting(ターゲティング)

ターゲティングでは、市場の中から狙うべきターゲットグループを絞っていきます。

対象とする市場の選定は、市場規模、自社の強み、製品ライフサイクルの段階、参入障壁、競合の戦略、環境要因などの諸要因で決定します。

市場の選定方法には、以下の3つのアプローチがあります。

 

1、非差別化マーケティング

1つの製品と1つのマーケティングミックスにより、市場全体あるいは最大のセグメントを標的とする。

 

特徴

集中をしているためマーケティングコストを抑えることができるが、集中していないセグメントからの売上が見込めない。

2、差別化マーケティング

複数のセグメントにそれぞれ異なる製品、マーケティングミックスを用意する。

 

特徴

売上高の最大化が図れるが、それにとともにコストが増大化する。また経営資源が分散化する。

3、集中化マーケティング

特定のセグメントに特化して、そこに経営資源を集中させる。

 

特徴

経営資源の少ない企業が選択せざるを得ない手法。セグメントの切り方が非常に重要になる。

Positioning(ポジショニング)

ポジショニングでは、セグメント内の競合の商品やサービスを見て、自社の立ち位置を決めていきます。

競合比較で自社の優位性があるポジショニングになっているか、ターゲットから魅力的に見えるポジショニングになっているかが、大切です。

 

このようにしてSTP分析で考えた戦略を元に、4P分析(マーケティングミックス)を活用して具体的な施策を決めていきます。

事例で分かるSTP分析【カフェ】

スターバックスコーヒーを例に挙げて見ていきます。

事例で分かるSTP分析
  • Segmentation(市場細分化)

地理的変数をもとに市場を「都市部」「郊外」「地方」に細分化しました。

  • Targeting(ターゲット設定)

セグメンテーションから「都市部」を主なターゲットとして設定しました。

  • Positioning(ポジション設定)

セグメント内の競合のポジションから、「高くて美味しいコーヒーを高級感のある空間で提供する」というポジションを取りました。

まとめ

マーケティング成功のイメージ

 

STP分析は、自社を取り巻く環境を把握したのちに、「誰に対して、どのような価値を提供すべきなのか」を決定するためのフレームワークで、マーケティングプランにおいて要となる分析です。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!!

ぜひ、シェアやブックマークもお願いします!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です