【簡単】ESGとは?SDGsと何が違うの?

SDGsロゴ

 

今回はESGについて、カンタンに説明していきます!

 

最近よく聞く「ESG」ってなに?

SDGs」と「ESG」ってなにが違うの?

 

と疑問の方に簡潔にお答えしていきます!

 

ESGとは?SDGsと何が違うの?

ESGとは?

ESG

ESGとは、環境(E:Environment)、社会(S:Social)、企業統治(G:Governance)の3つの要素を言います。そして、この3つの要素を考慮した投資が「ESG投資」です。

 

「ESG」は、投資家たちの意識を変えるために使われました。

2006年、当時の国連事務総長コフィ・アナン氏が、PRI(責任投資原則)を発表しました。内容は、投資対象の決定に「ESG」を取り込むことを求めたのです。

それまでは投資先を決定するのにキャッシュフローや利益率といった「財務情報」を重視してきました。しかし、RPIが提唱されて以降、「非財務情報」も重視するようになったのです。

 

■非財務情報の例

 

環境:Environment

・再生可能エネルギーの活用しているか?

・気候変動対策を行っているか?

・生物多様性の保護に配慮しているか?

 

社会:Social

・労働環境の改善を行っているか?

・女性を役員に登用しているか?

・児童労働を行っていないか?

 

企業統治:Governance

・法令を遵守しているか?

・情報開示を積極的にしているか?

・役員会の独立性は担保されているか?

ESGとSDGsの違い

ESG投資

端的に言えば、「ESG=手段」「SDGs=目標」です。

(ちなみにSDGsとは、Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略称です)

SDGsについて詳しく知りたい方はこちら:SDGsとは?

 

つまり、SDGsを達成するためにも、ESGを配慮した企業への投資が求められています。

 

利益優先で環境を顧みない企業や途上国で児童労働を行う企業ではなく、自然環境に配慮した製品をつくる企業や誰に対しても公平な企業を投資先として選ぶのです。

 

正しくお金を使うことで、世界を良い方向へ導けるのです。

ESG投資を促進するメリット

ESGによる好循環

ESG投資を促進することで、好循環が生まれます。

 

ESG投資に資金が流入することで、企業は投資家から評価されるために、ESGを強化します。

企業がESGを強化することで、企業価値は向上し、投資家はリターンを受け取ることができます。

さらに、企業がESGに配慮すれば、社会、経済、環境がよくなります。

 

まとめますと、ESG投資に積極的に取り組むことで、SDGsの達成に近づくのです。

 

SDGsロゴ帯

 

最後にもう一度、ポイントだけおさらいします。

ESGとは、「環境」「社会」「企業統治」の3つの要素を言います。

そして、SDGsの達成には、ESGを考慮した投資が欠かせないのです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

シェアしていただけると嬉しいです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です