【簡単】4P分析とは?

マーケティング

 

ムラホ!!おおいしです!

今日は4P分析について簡単に解説していきます!

【簡単】4P分析とは?

4P分析とは?

4P分析の図

4P分析とは、Product(製品)、Price(価格)、Place(販売チャネル)、Promotion(販売促進)の頭文字から取られたマーケティング戦略の立案・実行するためのフレームワークです。

4P分析の目的

Product(製品)、Price(価格)、Place(販売チャネル)、Promotion(販売促進)の4つの視点から最適化するのが4Pの目的です。

 

つまり、「どうような製品を、どのような価格で、どの流通経路で、どうように販促していくか」を考えます。

4P分析の4つの「P」

4Pのイメージ写真

「4P」では、マーケティングだからと、広告(Promotion、販売促進)にばかり力を入れるのではなく、4つの要素をバランスよくミックスさせることが重要です。

このことから「4P」は、マーケティングミックス(MM)とも呼ばれています。

Product 製品

「Product」は、製品やサービスのことを指し、4Pの要となります。

 

製品は、デザイン・機能・ブランド・パッケージ・サービス・保証などの要素から構成されています。

「顧客のどのようなニーズを満たすのか」「顧客に提供できるメリットは何か」という点を明確にすることで、価格、販売チャネル、販売促進を決めていくベースになる重要な要素です。

 

  • 製品
  • 機能
  • デザイン
  • ラインナップ
  • 技術力
  • 保証 etc.

Price 価格

「Price」は、製品やサービスの提供価格、支払方法などを指す要素です。

 

顧客となるターゲット層が買いやすく、自社の利益を最大にするラインを見出すことが求められます。価格設定は非常に重要な要素なのです。

 

  • 価格
  • 割引条件
  • 支払方法
  • 支払条件 etc.

Place 販売チャネル

「Place」は、流通させるルートや販売する場所などを指す要素です。

 

自社の店舗で売るのか、代理店に売ってもらうのか、ネットで売るのかなど、顧客に製品を届ける方法を考えます。販売しようとする製品に適した場所を見極めることが、大切です。

 

  • 流通経路
  • 在庫
  • 店舗の立地条件
  • 店の品揃え
  • 配送 etc.

Promotion 販売促進

「Promotion」は、広告宣伝、販売促進などを指す要素です。

 

既存および潜在顧客に対して、製品やサービスを世の中に認知させていく役割を担います。

 

  • 広告宣伝
  • 広報
  • 販売促進活動
  • 広告媒体 etc.

事例で分かる4P分析

土産菓子の事例

例えば、ある東京の菓子メーカーが、10代・20代の女性をターゲットに製品を製造・販売するとします。その場合、どのような「4P」になるでしょうか。

 

  • Product 製品

ハイセンスなパッケージで、地元素材を生かしたブランド商品を開発する。

  • Price 価格

小800円、中1600円、大2400円、特大3000円とギフト価格に設定する。

  • Place 販売チャネル

東京駅や百貨店に実店舗を出店し、ECサイトからも購入できるようにする。または、観光地や交通拠点に商品を卸す。

  • Promotion 販売促進

飛行機やホテルで試食を提供してもらうことやインフルエンサーに商品の紹介をしてもらう。

 

かなり簡潔ですが、以上のようになりました。

 

仮に、Price(価格)を上記の半額に設定してしまったら、利益が出なくなってしまったり、安すぎてもブランド感が出ません。

また、Place(販売チャネル)を誤って、地元スーパーに設定してしまったら、全く売れないでしょう。

 

このように、「どうような製品を、どのような価格で、どの流通経路で、どうように販促していくか」が最も良いかを考えていくのです。

まとめ

成功のイメージ

4P分析では、ターゲットに対して、Product(製品)、Price(価格)、Place(販売チャネル)、Promotion(販売促進)の4つの要素をバランスよく最適化することが大切なのです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!!

ぜひ、シェアやブックマークもお願いします!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です