【簡単】マーケティングとは?

マーケティング

 

ムラホ!!おおいしです!

今日は、マーケティングについて簡単に解説していきます!

 

【簡単】マーケティングとは?

マーケティングとは?

 

マーケティングとは、顧客ニーズを的確につかんで製品計画を立て、最も有利な販売経路を選ぶとともに販売促進努力により、需要の増加と新たな市場開拓を図る企業の諸活動です。

 

簡単にいうと、「商品を売れる仕組みをつくること」となります。

 

企業が存続するためには、常に顧客に喜ばれなければなりません。

そのためにマーケティング理論をもとにした市場分析を行い、顧客ニーズに応える商品やサービスを開発・提供する必要があるのです。

マーケティング環境分析

以下がマーケティングを実際に行う際の「マーケティングプランフロー」になります。

 

マーケティングプランフロー

1)製品特性分析

市場を分析する前に、自社の製品分析を行い、マーケティング戦略の方向性の位置付けを行います。(ミクロ環境分析)

 

製品特性分析とは、製品の価値を「中核」「実体」「付随機能」の三層に分けて捉える考え方です。特に、新製品の開発、既存の製品のリニューアルや販売強化、競合他社との製品比較する際などに、有用な分析方法です。

 

2)PEST分析

次に、企業の置かれている社会状況と今後起こりうる環境変化についての分析を行います。(マクロ環境分析)

 

PEST分析とは、経営戦略の策定やマーケティングを行う際に使用し、自社を取り巻くマクロ環境(外部環境)が、現在または将来にどのような影響を与えるか把握するための手法です。

 

3)3C分析

マーケティング環境の中でも、特に自社の属する業界・顧客・競合などについての分析を行います。(ミクロ環境分析)

 

3C分析とは、顧客、競合、自社の観点から環境を分析し、経営戦略上の課題を導く分析ツールです。

 

4)ファイブフォース分析

ファイブフォース分析は、「業界内の競合」「新規参入の脅威」「代替品の脅威」「売り手の交渉力」「買い手の交渉力」の5つ観点から、業界の構造(=業界の収益性)を把握し、経営戦略に活かすのに有効なフレームワークです。

 

5)SWOT分析

マクロ・ミクロ環境分析をもとに、自社の強みと弱み、市場の機会と脅威を明らかにします。

 

SWOT分析は、強み(Strength)、弱み(Weakness)、機会(Opportunity)、脅威(Threat)の4つの観点から自社の外部環境と内部環境を把握し、組み合わせることで、最適な戦略を立案できる有効なフレームワークです。

 

標的市場の選定

自社の限りある資源を有効に活用できる市場を見つけ、ポジショニングを行い、競争優位を構築します。

6)STP分析

STP分析は、「誰に対して、どのような価値を提供すべきなのか」を決定するためのマーケティングプランフローの中でも要になるフレームワークです。

マーケティングミックス(4P)の最適化

標的市場に対して4Pの手段を組み合わせて、マーケティング目標を達成させます。

7)4P分析

4P分析とは、Product(製品)、Price(価格)、Place(販売チャネル)、Promotion(販売促進)の頭文字から取られたマーケティング戦略の立案・実行するためのフレームワークです。

 

 

マーケティングプラン

自社を取り巻く環境分析をし、標的市場を選定し、マーケティングミックスをしていくことで、目標の達成を目指します。このような流れで、マーケティング戦略を立案していくのです。

それぞれの分析方法について、簡単に解説していますので、少しでも参考になればと思います!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!!

ぜひ、シェアやブックマークもお願いします!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です