【簡単】SWOT分析とは?

 

ムラホ!!おおいしです!

 

今回はSWOT分析について簡単に解説していきます!

【簡単】SWOT分析とは?

SWOT分析とは?

SWOT分析の図SWOT分析(スウォット分析)とは、競合や市場などの自社を取り巻く外部環境と、自社の資産やブランド力などの内部環境を、ポジティブな面とネガティヴな面に分けて分析するフレームワークです。

 

強み(Strength)、弱み(Weakness)、機会(Opportunity)、脅威(Threat)の頭文字をとって、「SWOT分析」といいます。

 

  • 強み(Strength)

企業、あるいはサービスが持つ、資源・特徴で、目標達成に大きく貢献しうるもの

  • 弱み(Weakness)

企業、あるいはサービスが持つ、資源・特徴で、目標達成の妨げとなりうるもの

  • 機会(Opportunity)

企業外部の環境で、企業あるいはサービスの成長に大きく貢献しうるもの

  • 脅威(Threat)

企業外部の環境で、企業あるいはサービスの成長の妨げとなりうるもの

SWOT分析の目的

SWOT分析

主に、戦略やマーケティングプランの立案をするために使われます。SWOT分析を活用して、外部環境と内部環境を把握し分析することで、自社の市場機会や事業課題を明確にできます。

SWOT分析のやり方

まず初めに、自社の外部環境と内部環境の把握を行います。次に、把握した情報を基に分析し、戦略を策定していきます。

 

あくまで、SWOT分析(SWOTマトリクス)は情報を整理するフレームワークなので、外部環境と内部環境を把握した後に、それぞれを組み合わせて、打つべき策を出すことが大切です。(クロスSWOT分析)

外部環境分析

外部環境分析は、SWOTの「O:機会」「T:脅威」を分析することです。

通常、外部環境分析から始めます。内部環境で分析する内容が、外部環境によって変わる可能性があるからです。

 

  • 競合他社
  • 市場動向
  • 景気
  • 政治
  • 法律

 

などの分析を行い、それらの要素をポジティブなら「機会:Opportunity」、ネガティヴなら「脅威:Threat」に区別していきます。

この外部環境分析をしていく時には、3C分析PEST分析といったフレームワークを活用するのも有効です。

内部環境分析

内部環境分析は、SWOTの「S:強み」「W:弱み」を分析することです。

外部環境や競合状況にも注意しながら行いましょう。

 

  • ブランド力
  • サービス
  • 品質
  • 価格
  • 資源
  • 技術力
  • インフラ

 

などの分析を行い、それらの要素をポジティブなら「強み:Strength」、ネガティヴなら「弱み:Weakness」に区別していきます。

クロスSWOT分析(TOWS分析)

SWOTで出した機会・脅威に、強み・弱みをかけ合わせることを、クロスSWOT分析(TOWS分析)と言います。

クロスSWOT分析

「積極攻勢」 機会×強み(O×S)

自社の強みで取り組むことができる事業機会は?

「弱点強化」 機会×弱み(O×W)

自社の弱みで事業機会を取りこぼさないように何が必要か?

「差別化」 脅威×強み(T×S)

自社の強みで脅威を回避できないか? 反対に機会として活かせないか?

「防衛/撤退」 脅威×弱み(T×W)

脅威と弱みの鉢合わせで最悪の事態を招かないようにするには?

 

 

クロスSWOT分析で出た打つべき策を基に、今後とるべき戦略を決めていきます。

事例で分かるSWOT分析【カフェ】

あるカフェを対象にSWOT分析を行ったと仮定します。その結果、以下のようなマトリクスになりました。

SWOT分析事例

書き出した要素を基に、クロスSWOT分析をしていきます。

「積極攻勢」 機会×強み(O×S)

アルコール類(ワイン)を導入し、サンドイッチなどフードメニューとのセットを充実させる。

また、リピーターに向けて、アルコール類(ワイン)を導入したことを訴求し、ディナー帯においても顧客獲得を目指す。

「弱点強化」 機会×弱み(O×W)

アルコール類を導入し、ドリンクメニューを豊富にする。

「差別化」 脅威×強み(T×S)

サンドイッチなどのフードメニューをさらに強化し、他店との差別化を図る。

「防衛/撤退」 脅威×弱み(T×W)

自家製ケーキはやめ、有名店などからの仕入れに切り替える。

 

このように現状把握からクロス分析を行うことで、戦略の大枠を組み立てることができました。あとは、具体的な計画に落とし込んで、実行して改善を繰り返していきます。

まとめ

ビジネス成功のイメージ

「SWOT分析」は、強み(Strength)、弱み(Weakness)、機会(Opportunity)、脅威(Threat)の4つの観点から自社の外部環境と内部環境を把握し、組み合わせることで、最適な戦略を立案できる有効なフレームワークです。

 

ぜひ、戦略を立てる際に、役立ててみてください!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!!

ぜひ、ブックマークやシェアもお願いします!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です