星を信じぬく

星のイメージ

 

『えんとつ町のプペル』を観てきました。

上映が始まって5分。涙がこぼれていました。

 

テレビに出ることを辞め、叩かれ。絵本を描き、叩かれ。ディズニーを超えると言い、叩かれ。

それでも、自分を信じ抜いてきたその努力の結晶が、冒頭の5分に見えたからでした。

 

正直、西野さんがひな壇に出ないと言ってから映画が公開されるまでに、どんな軌跡があったのか詳しく知りませんでした。

ただ、行動すれば叩かれ、夢を語れば笑われていたことは、知っていました。

 

もちろん、保証はないですが、絵本作家よりもお笑い芸人の方が未来は保証されていたはずです。

にもかかわらず、その道を降りました。

 

まったく保証のないことに取り組み続けるのが、どんなに怖いのか。

自分の選択や行動が正しかったのか、どんなに不安になるか。

心細くてしかたないのに周りから否定されるのが、どんなに辛いのか。

 

それでも、自分を信じて挑戦しつづけてきた西野亮廣さんを想像したら、もう二時間、涙が止まりませんでした。

 

ぼくは、今アフリカにいるはずでした。

しかし、100年に一度のウイルスに襲われ、帰国を余儀なくされました。

いつ、ルワンダに戻れるのか分からない状況が、9ヶ月も続いています。

 

早く戻れるに越したことはないですが、おかげで時間はあります。

「恩贈り」という人生観を実践するためには、どうしたらいいか。

「旅するように自由に生きる」には、どうしたらいいか。

考えて試して、挫折する日々の繰り返しです。とにかく時間が欲しかったのに、実際にもらえると、こんなにも苦しいのかと悶えております。

 

自分の理想なんて諦めたほうが、楽になれます。

よくやったと自分を慰めて、納得させればいいんです。充分、幸せに生きていけるのは分かっています。

 

それでも、上を見て歩みたいんです。

まだ諦めたくない。まだ何も世界に返してない。次は自分の番なんだって。

どんなに苦しくても、もう少し諦めずにもがきます。

 

自分がしていることに、意味があるのか。前に進んでいる感覚はありません。時間だけが過ぎていきます。真っ暗で、光なんてどこにあるのか分からない。

 

そんな暗闇の中でも、挑戦し続けることを、西野さんは教えてくれました。

信じ抜く覚悟を決めることを。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です