コンビニエンスストアのレゾンデートル

コンビニのイメージ

 

レゾンデートルとは、存在価値という意味である。

そう、レゾンデートルとただ言いたいだけである。

 

コンビニの存在価値は変化しています。

これまでは「便利さ」が価値を生み出していました。

 

しかし、これからの時代は違います。

これからは「つながり」です。

つまり、コミュニケーションの場としての役割を担っているのです。

 

アリストテレスは言いました。

「人間はポリス的動物である」であると。

そう、アリストテレスとただ言いたいだけである。

 

人間は一人では、生きていけません。

自分ひとりで、食料を確保し、家を建て、服をつくることは極めて困難です。

だからこそ、人々は協力し合って生きていく必要があります。

 

衣食住の繋がりだけでも、生きていけません。

人間は、物理的なつながりだけでなく、精神的なつながりも必要です。

そうでなければ、ツイッターやフェイスブックといったSNSは、ここまで発展しなかったはずです。

 

コロナウイルスの影響で、リアルでのコミニュケーションが減少する中、人々は小売店や飲食店に「つながり」が求めています。

人とリアルで触れる接客の価値は、確実に上がっています。

 

「今日もブレンドコーヒーのSサイズでよろしかったですか?」と一言かけられるだけで、わざわざそのカフェを選びたくなります。

たとえ、顔を覚えてもらえていなくとも、「ありがとうございました」と笑顔で元気よく言われるだけで、またそのコンビニに行きたくなります。

そんな経験はありませんか?

 

同じ時間を過ごすなら、あの店で過ごしたいんです。

同じものを買うなら、あの人から買いたいんです。

 

店舗は、商品やサービスで差別化を図るなら、接客に力を入れた方がはるかに強い武器になります。

だって、世界に一人だけの、唯一無二のあの人から買いたいんですから。

これからは、消費者と「つながり」をつくれる店舗が生き残る時代になると思います。

 

コロナウイルスが流行する中、営業をしてくれている店舗に。そして、そこで働いてくれている店員さんに「ありがとう」と一言かけらていますでしょうか。

理不尽な客に罵られても、私生活で辛いことがあっても、変わらない笑顔をくれる店員さんに。

 

いまこそ心を込めて、感謝を伝えたいものです。

そう、感謝しようとただ言いたいだけである。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

シェアやブックマークをしていただけたら嬉しいです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です