コーヒーのすすめ

コーヒーのイメージ

 

「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」

つまり、天が人を生み出すに当たっては、人はみな同じ権利を持ち、安楽にこの世をすごせるようにしてくれているということだ。

しかし、この人間の世界を見渡してみると、幸せな人も不幸な人もいる。この違いは、どうしてできるのだろうか。

それは、「コーヒーを自分で淹れるか、淹れないか」によってできるものなのだ。

 

「なにか新しいことを始めたい」

「毎日を楽しみたい」

「生活の質を上げたい」

 

そんな人に、コーヒーをすすめたい。

 

なぜなら、コーヒーを自分で淹れると、幸福度が格段に上がるからです。

 

豆を選び、挽いて、抽出する。

自分で最高の一杯を淹れる。これだけで至福ののひとときを味わえる。しかも、自宅で簡単に。

 

正直ぼくには、どの豆が美味しいのか、どう淹れると美味しいのか、全くわかりません。

たとえ飲み比べても、キレやコク、ボディ、品種、生産国なんてものは、全くわかりません。

酸味が強いかも、苦味が少ないかも、くらいしか判別できないです。

 

それでも、豆からコーヒーを淹れる。

少し手間でも、豆からコーヒーを淹れる。

それは「美味しい」から。

そのことだけはわかるのです。

 

なぜ、そんなに美味しいのか。

答えは簡単です。

 

コーヒーを豆から自分で淹れているという体験が自分を酔わせる。

「最高にうまい」と思ってしまう。

 

このコーヒーを淹れる体験を、毎日の中に組み込むと、生活のクオリティが格段に上がります。

朝起きるのが、待ち遠しくなります。

次はどの豆を試してみようかなと、毎日がときめきで溢れます。

 

お金がかかるんじゃないかと、思うかもしれません。

しかし、2000円もあれば、コーヒーミルも手に入ります。ドリッパーやフィルターを合わせても、3000円あれば最低限の道具は揃います。

こんなに魅力的な投資は他にはありません。

 

ぜひコーヒーを始めてみてはいかがでしょうか。


最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

シェアやブックマークしていただけると嬉しいです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です