ランニングは笑顔道場

道場のイメージ

 

ランニングは楽しい。

だが、タイムを狙うと苦行に変わる。

 

昨日の自分に、先週の自分に、勝つんだ。

昨日よりも、先週よりも、成長していたい。

 

タイムを意識して走るのは、ほんとに苦しい。

ひどい顔になる。額から汗を垂れ流し、顔中のしわを寄せて、もう嫌だと言わんばかりの顔。

 

しかし、こんな時こそ、笑顔をつくる。

無理やり笑顔をつくる。口角を上げて、歯を出して、思いっきり笑うのだ。

 

なんだか楽しくなってくる。苦しさが和らぐのだ。傍から見たら、ヘンタイだ。

身体を大きく揺らして、息を荒げながら、ぎこちない笑顔の男が走ってくるのだ。完全にヘンタイだ。

 

だが、これは修行なのだ。

たしかに苦しさはまぎれるが、単にその場しのぎのワザではなく人生に効く修行なのだ。

 

人生において、苦しいことや辛いことがあったときに、笑顔でいれるように。

どんな苦境に立たされても前を向いて、走っていけるように。

 

本当に苦しい時に、苦しい顔をしていたら、もっと苦しくなる。

だから、どんなことがあっても、無理やり笑顔をつくるのだ。胸を張って、顔を上げて、口角を引っ張り上げるのだ。

そうすれば、どんな困難も乗り越えられる。

 

笑顔をつくるのは、その時のための修行なのだ。

ランニングは笑顔道場だ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です