路線バスに走り負けたのは才能が理由じゃない。

バスのイメージ

 

ランニングをしていると、自分の横を路線バスが通り過ぎた。

何を思ったのか「あのバスに勝つぞ」と本気で思った。

しかも、本気で勝てる謎の自信があった。

 

全速力でバスを追いかける。

10m、20mと、どんどん離されていく。

それでも、決してあきらめなかった。ほら見たことか、バス停だ。この間に、距離をつめ、真後ろにまで迫った。

 

だが、バス停を離れたバスは、容赦なく走り去っていった。

 

結果として、バスに勝てなかった。

これは、身体能力がないからじゃない。

バスが時速40kmで走れるからじゃない。

自分にバスに勝つ才能がないからじゃない。

バスと争う知識も経験もないからじゃない。

 

あきらめたからだ。

ぼくがバスと戦うことをあきらめたから、負けたのだ。

 

気づいたことがある。

夢中になってバスを追いかけていたら、ずいぶん遠くまで来ていた。

知らないうちに、前に進んでいたのだ。

 

今回のバスがダメでも、また新しいバスを見つけて、走ればいいのだ。

そのバスを追った軌跡は、決してムダにはならないはずだから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です