怒り狂った月曜朝4時

 

三毒追放を心がけている。

妬まない、怒らない、愚痴らない。

 

この三毒を持っていいことなんて一つもない。

むしろ、負のスパイラルに陥るしか道はないのだ。

 

昔はそんなことを知らなかった。よく三毒で吐いていた。

モテるやつを妬んだ中学時代、口うるさい両親に怒った高校時代、上手くいかない就活に愚痴った大学時代。

 

ところが、大学を卒業すると、素晴らしい出会いが重なり、価値観が180度変わった。

 

以来、人間力を磨く勉強をしてきた。

よい人生を歩むための実践をしてきた。

三毒を追放してきた。

 

しかし、再び三毒が爆発した。

 

ゆるせない。

キーボードに向かう手が怒りで震えている。

 

ゆるせない。

 

『DAZN』がゆるせない

 

ダゾーンとは、サッカー、野球、ラグビー、モータースポーツ、格闘技といった世界中のスポーツを観戦することができる動画配信サービスだ。

 

サッカーファンのほとんどはダゾーンを利用しているはずだ。

海外サッカーを観るなら、ダゾーン一択である。それほどに驚異的なサービスを展開している。

 

これまで海外サッカーを観るには、有料チャンネルを契約するしかなかった。

視聴できるリーグはわずかで、自分の応援するクラブの試合が放送されるかは、分からないという状況だった。くわえて、料金も高かった。

 

それに対して、ダゾーンは欧州主要リーグはすべて視聴可能。かつ全試合放送。

オリジナル番組もあったり、少し前まではチャンピオンズリーグも観れた。

 

なのに、2000円という破格すぎるお値段設定。凄すぎる。

だから、ダゾーンには感謝してもしきれないのだ。

 

そんなダゾーンが大好きだった。

なのに……なのに……、やらかしてくれた。

 

ぜったいにゆるせない事件が起きた。

 

日曜日の9月26日は、1年で最も重要な日だった。

それは、ノースロンドンダービー。プレミアリーグのアーセナルとトッテナムが激突する世界屈指のダービーマッチだ。

 

リーグの順位なんてどうでもいい、試合内容なんてどうでもいい。

とにかくアーセナルに勝てれば、なんだっていい。このゲームは勝ち負けがすべてなのだ。

 

世界中のアーセナルサポーター、トッテナムサポーターは、血をグッツグッツにたぎらせてこの日を待っている。

憎きライバルを真正面から、ぶちのめせるこのダービーデイを。

 

この決戦の日に、日本に帰って来れたことは本当に運がいい。

サービス提供エリア外となるルワンダでは、ダゾーンを利用するできない。つまり、サッカーを観戦することすら叶わないのだ。

ダービーを観るために帰ってきたと言っても過言ではない。

 

ただ、キックオフの時間が遅かったので、翌朝、観戦することにした。

血が騒ぎすぎて、夜中に何度か目覚めてしまった。それほどに気持ちは最高潮まで高まっていた。

 

まだ日の昇っていない4時に飛び起き、パソコンの電源を入れる。

そして、ダゾーンを開く。

 

目に飛び込んできたのは、スコアの一覧。

赤いアイコンの横に数字の3。白いアイコンの横に数字の1。

 

……。

 

はあぁぁぁぁぁぁっ?????

 

なぜ? なぜ? なぜ?

サイトを開いた瞬間に、スコアがでるの?

 

ありえない、ありえない、ありえない。

意味がわからない。なぜ、ホーム画面のいちばん目立つところに、試合結果が表示されているの? てんで意味がわからない。

 

スポーツの動画配信サービスが、最もやってはいけないことだろうよ。ふざけるなよ。

 

ルワンダに行く前には、そんなアホみたいな機能はなかった。

ダゾーンから離れた半年の間に、クソみたいな機能が誕生していた。

 

まず、試合に負けていること自体ショックである。

でもそれ以上に、強制プレイで結果を知らされてことに、腹が立って仕方がない。

 

ありえない、ありえない、ありえない。

 

久々に腹の底からイライラしながら、とりあえず試合を観戦した。

もう結末はわかっている。あの忌々しいアーセナルに惨敗するのだ。

 

あのスコアが目に飛び込んできた瞬間を思い出しただけで、米が炊ける。

ああ、腹が立つ。

 

設定からスコアを表示する機能をオフできるらしいこと知った。

ふつう逆だろ。はじめオフになっていて、スコアを観たい人だけオンにすればいい。

だって、これスポーツの動画配信サービスですよ。キックオフ前に、結果がわかってどうするの?

 

そんなこんなで、三毒をぶちまけてまいりました。

この度はお見苦しいところをお見せしてしまい、大変申し訳ございませんでした。

 

とはいえ、これだけは吐き出さないわけにはいかなかったのです。

どうもトッテナムのこととなると、コントロールが効かなくなってしまうのです。

 

どうかご容赦ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です