自己啓発本の限界領域

 

はじめて自己啓発本を手にした時の衝撃は尋常じゃなかった。

今まで生きてきた世界が音を立てて崩れ落ちたのが分かった。

 

本って、こんなに凄いんだ。

そこには家や学校では教わったことのない世界が広がっていた。

 

人生を生きていく上で知っておくべきは、三平方の定理よりも、与える人間が成功するという真理である。

 

本イコール小説だと思っていた。

まさか人生について教えてくれるとは、思ってもみなかった。

 

世間の目によって築かれた世界しか知らなかった。

そんなぼくにとって本は、世界はもっと広く自由であることを教えてくれた。

 

世界には必ず答えがあり、100点を取ることだけが正しいと思っていた。

それがぜったい的な正義だと思っていた。

 

しかし、違った。

 

世界には答えなんかなく、0点を取ることが正しい場合があることを知った。

 

世界に絶対的な価値観なんてない。

一つの価値観しか知らないで幸せになれるはずがない。

でも、学生のぼくはたった一つの価値観しか知らなかった。

 

そして、自己啓発本を貪り読んだ。

それはもう狂ったように貪り読んだ。

 

どんどん自分の見ていた世界が変わっていく。

古い価値観が剥がれ落ちていく。その過程は、本当に気持ちがいい。

 

とはいえ、その状態はいつまでも続かない。

ある一定の量を超えると、効能が薄くなる。これが自己啓発本の限界領域である。

 

自己啓発本は、読めば元気がもらえる。

自己啓発本というだけあって、たとえ限界領域を超えていても、読むだけでやる気になる。

だから、新しい発見がなくとも手にとってしまう。

 

さらに恐ろしいのが、成長している錯覚を生み出すことだ。

現実は変わっていなくても、本質的に成長していなくても、自己啓発本を読んでいるだけで成長した気になる。

 

だがしかし、成長錯覚に陥り続けていても、何の意味もない。

現実はなんら変わっていないし、自分は成長すらしていない。

 

そんな限界領域に入ったときに出来ることは、ひとつである。

 

行動。

 

とにかく行動するしかない。

大前提として、本は読んだら行動に移して、初めて意味がある。

 

初めのうちは、本と行動の割合が、9:1でもかなりの効果がある。

ところが、限界領域に入ると、0:10で行動しないと効果がないと言っても大袈裟ではないだろう。

 

自己啓発本で得た知識、成功法則、世の中の真理を、実世界で実践して己の真の知見に変えていかなければならない。

どこまでいってもぼくらが生きるのはリアルな世界である。

 

そもそも成功や幸せなんて、まさに挑戦と失敗の積み重ねの先にしかないのだから。どう転んでも行動するしかないのだ。

 

自己啓発本は人生を変えるが、それはきっかけに過ぎない。

読了後、自分自身をどう変容させ、挫けずに行動し続けられるかが大切なのである。

 

足を動かし、世界に身体を投げ出すしかないのだ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です