「知らなくてもいい世界があった」と友人は言った

友達

 

「知らなくてもいい世界があった」と友人は言った。

「そうだな」とぼくは同意した。

 

彼とは高校からの付き合いで、よく夢を語っていた。

当時の彼の夢は、教師になることだった。

10年以上たった今、東南アジアのと或る国で働いている。

 

彼は大学生のときに訪れたフィリピンで、貧困に喘ぐ子どもたちと出会った。

この、異世界との邂逅が彼の人生を変えた。

この、出会いがなければ、きっと教壇に立ち日本の子どもに英語を教えていただろう。

 

「知らなくてもいい世界があった」

聞いた時、率直にいい言葉だなと思った。

哀愁と共に、どこか満ち足りているように感じるのだ。

 

知らなくてもいい世界はある。とても共感できる。

それはかつての自分は、一つの世界しか知らなかったから。

結婚して子どもをつくり、家を持ち、一つの会社に勤め上げる。

ぼくの未来には、この世界しか存在しなかった。

 

しかし、その世界から弾き出された。そして気づいたのだ。

今まで見ていた世界は、数ある選択の一つだったことに。ただ、それを選ぶ人が多いがために、唯一の正解だと思っていたのだ。

 

会社をやめて好きなことをして生きている人。リスクを取って挑戦しつづける人。世の中に貢献するために命を懸けている人。

そんな自分の生きていた世界と正反対の世界があることを知った。

もう飛び込んでみるしかなかった。

 

飛び込んでみると、その世界がどれだけ大変なのかを知ることになる。

生半可な覚悟では到底どこへも辿り着けないことを知る。

 

人生に正解なんてない。

自分で選んだ、その選択を受け入れられるかどうかだ。

 

だから、いくらでも選び直せばいい。

いま目指している場所がすべてではない。

だから諦めたっていい。

 

でも、諦められないのだ。

そんなときにいつも思い出す。

 

午後三時のファミレスでドリンクバーの青汁を片手に渋い表情をしながら「知らなくてもいい世界があった」とつぶやいた友人のあの顔を思い出すのだ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です