人生はロードラン

ロードラン

 

人生はよくマラソンに喩えられるけど、違う。

人生は、ロードランだ。

 

マラソンは、参加者専用の平らな道を駆け抜ける。

ロードランは、秩序も決まりもない無法地帯を駆け抜ける。

 

ロードランには、上り坂や下り坂がある。

整備さて走りやすい道もあれば、デコボコで走りにくい道もある。

住宅が立ち並ぶ退屈な道もあれば、色とりどりの花が咲く美しい道もある。

 

犬に吠えられたり、美女に気を取られたりする。

信号に足止めを食らわない、運も必要だ。

人生に似ている。

 

急な上り坂を登り切ったとき、気が抜けてペースを落としてしまうことがある。

しかし、達成感に浸っている暇はない、昨日の自分に勝つのだ。

 

この「走るペース」というものも、人生によく似ている。

自分のペースを守ることが大切だからだ。

 

お正月の箱根駅伝を見るたび、疑問に思っていたことがある。

「ランナーたちは余裕がありそうなのに、なんでペースを上げないんだろう」と。

 

ペースを守って走ってみて初めて、自分の中で勝手に納得した。

本当のところは、どうなのかは知らない。

ただ、自分のペースを保つのが大切なことは、身に染みてわかった。

 

人生も同じである。

 

下り坂でスピードが出せそうでも、ペースを守る。

周りのランナーたちに追い抜かれても、ペースを守る。

上り坂で気持ちがめげそうになっても、ペースを守る。

その方が結果的に、遠くまでいけるし、その方が早くいけるのだ。

 

つくづく思う。

人生は、ロードランだ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です