【簡単】5つのPとは?SDGsを理解するためのキーワード

SDGs5つのP

 

5つのP」とは、SDGs17のゴールも含まれる「我々の世界を転換する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記されている、「P」から始める5つの要素です。「5つのP」は、SDGsを理解する上で、大切なキーワードです。

具体的には、「People(人間)」「Prosperity(豊かさ)」「Planet(地球)」「Peace(平和)」「Partnership(パートナーシップ)」の5つです。

SDGsの「5つのP」

People(人間)

人間

すべての人の人権が尊重され、尊厳をもち、平等に、潜在能力を発揮できるようにする。貧困と飢餓を終わらせ、ジェンダー平等を達成し、すべての人に教育、水と衛生、健康的な生活を保障する。

 

「People」はゴール1からゴール6に当たります。

 

Prosperity(豊かさ)

豊かさ

すべての人が豊かで充実した生活を送れるようにし、自然と調和する経済、社会、技術の進展を確保する。

 

「Prosperity」はゴール7からゴール11に当たります。

 

Planet(地球)

地球

責任ある消費と生産、天然資源の持続可能な管理、気候変動への緊急な対応などを通して、地球を破壊から守る。

 

「Planet」はゴール12からゴール15に当たります。

 

Peace(平和)

平和

平和、公正で、恐怖と暴力のない、すべての人が受け入れられ、参加できる包摂的な世界を目指す。

 

「Peace」はゴール16に当たります。

 

Partnership(パートナーシップ)

パートナーシップ

政府、民間セクター、市民社会、国連機関を含む多様な関係者が参加する、グローバルなパートナーシップにより実現を目指す。

 

「Partnership」はゴール17に当たります。

 

 

「5つのP」を知ることで、SDGsで目指している方向を理解しやすくなるはずです。

 

この「5つのP」の視点も含めて、環境、経済、社会の三側面の調和を保ちながら、変革を進めていかなくてはなりません。

地球を救う機会を持つ最後の世代の主役として、未来をつくっていく必要があるのです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

シェアしていただけると嬉しいです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です