人間失って初めて気づくもの。

自動販売機

 

ルワンダでもっとも存在の大きさを痛感したもの、それは自動販売機。

日本食よりも、シャワーよりも、自動販売機。

アフリカの大地で、自動販売機の有り難さをひとり噛み締めていました。

 

ルワンダでいちばん初めに取り組んだことは、現地調査でした。生活環境を知り、ビジネスチャンスはないか調べるために歩き回りました。

 

毎日、とにかく歩く。ひたすら歩く。

当たり前のように、一日で20キロ歩いていました。

ほぼ赤道直下。太陽に照らされながら、ひたむきに歩きつづける。

汗をかかないわけがありません。喉が渇かないわけがありません。

 

ルワンダの人の暮らしぶりを調査しにきたのに、飲み物を購入できる場所を必死になって探していました。

気づいたら、もう何を調査しているのかわからなくなるくらいに。

 

結局、20キロ探し歩いて、一つも見つけられず帰宅。

このときほど、自動販売機の有り難さを、痛感したことはなかったです。

 

日本では、至る所に自動販売機はあります。

駅や大通りなど人が集まる場所には必ずあります。住宅街の中にも、ふつうにあります。

喉が渇いてから、5分もあれば見つけられるはずです。

 

人間、失って初めて、失ったものの大きさに気づきます。

ぼくにとって、まさしく自動販売機がそうでした。いつでも、どこでも、当たり前に飲み物が買えることが、どれだけ有り難かったのか気づかされました。

 

しかし、日本に戻って10ヶ月。

自動販売機に、何の感情も湧かなくなってしまいました。

ルワンダでは、来る日も来る日も、自動販売機のことを想っていたのに。

20キロも探し求めていたのに。

 

だからこそ、いま改めて、自動販売機に感謝しようと言いたいわけではありません。

当たり前のことは、当たり前ではないなんて、言うつもりもありません。

では、なにが言いたいのか。

 

慣れは怖い。

 

慣れってほんとに怖い。ただそれだけです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です