それでもぼくたちは生きていく

サッカー

 

どんなに苦しくても、どんなに辛くても、生きていく。

絶望感を味わっても、無力感に包まれも、それでも生きていく。

 

12年前から魂を込めて応援し続けているサッカーのクラブがあります。

毎週、ピッチに立つ選手たちと、一緒になってテレビ画面の前で闘っています。

 

点を取れば、部屋中を走り回り、飛び跳ね、叫びます。

点を許せば、床を叩き、頭を抱え、うずくまります。

 

勝てば、一週間、有頂天になり、負ければ、一週間、腐ります。

文字どうり人生をかけて応援しています。

 

今朝も、そんな大好きなクラブの試合がありました。

 

結果は、敗戦。

 

今こうしてパソコンを開くのすら辛いです。

すべてを投げ出したくなる。もう何もしたくない。悔しいし、苦しい。

 

ただ、いちばん悔しいのは、選手や監督たちです。

また、三日後には試合があります。下を向いている暇なんてない。

どんなに悔しくても、投げ出したくなっても、顔を上げて次の試合に臨まなければならない。

 

ぼくは、このとき人生を感じます。

 

どんなに苦しくても、どんなに辛くても、生きていく。

前を向いて、生きていくしかない。

苦しくてもいい、辛くてもいい、それでも生きていく。

 

力の差を見せつけられ、コテンパンにされることもあります。

ときには、不運や理不尽な負けもあります。

 

受け入れ難い現実でも、たとえすぐに受け入れられなくても、前を向いて生きていくしかない。

どんなに打ちひしがれようと、生きていくしかない。

 

もちろん、勝つことだってあります。

そのときには、無上の喜びを感じ、生気が溢れ出し、身体中を満たします。

 

勝つこともあれば、負けることもある。

楽しいことも嬉しいこともあれば、時に、苦しいことも悲しいこともある。それでも、ぼくたちは生きていく。それしかないんだ。

だから、面白いし、だから、生きるに値する。

 

そんな力強いメッセージを受け取った今朝の敗戦でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です