バラの一生。

バラ

 

「バラの一生は、どの瞬間をとっても完璧である」

アメリカの思想家、エマソンの言葉である。

 

未完で完璧なのだ。

この言葉はぼくたちに勇気を与えてくれる。

どの瞬間も完璧なのだから。

 

今の自分も完璧で、1年前の自分も完璧で、3年後の自分も完璧。

それは、完璧な人間という意味ではない。

常に未熟である。未熟で完璧なのだ。今の未完成な自分でいい。それで完璧なのだ。

 

バラがツボミのとき「まだ花が咲いてない」「まだバラじゃない」と決めるのは、周りの人間だ。周りが勝手に決めたのだ。

でも、バラからすれば、そのツボミの瞬間も、バラだ。

「まだ花が咲いてない」とか「まだバラじゃない」とか、じゃないのだ。バラなのだ。

どの瞬間も未完成で、完璧なバラなのだ。

 

まだ、言葉もしゃべれない赤ん坊のとき、完璧だったように。

今も、そのままで完璧なのだ。

ぼくたちの一生もバラと同じで、どの瞬間も完璧なのだ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です