工場長にオーナーシップを持たせよう

工場

 

日本で生まれただけで幸せである。

拘らなければ、なにかしら仕事は見つかる。住むにも、食べるにも、困らない。

こんなに恵まれた国はないのではとすら思う。

 

しかし、この恵まれた環境を活かすも殺すも自分次第だ。

 

他人や国のせいにして、仕事も金もないし、不幸だと負のスパイラルに陥っていくのか。

自分の人生という自覚を持ち、前向きに捉えて行動し、正のスパイラルを創るのか。

 

言い訳をしても、他人や環境のせいにしても、誰かが助けてくれるわけではない。

もし同情してもらえても、人生が変わるわけじゃない。

誰も人生の責任はとってくれないし、とろうともしない、そもそもとれない。

 

自分で、自分の人生の責任を持つしかないのだ。

 

人生の責任を背負う自覚がない限り、不幸感をつくり続ける。

たとえ、自分が望む収入があっても、不幸感を製造し続ける。責任感のない工場長を変えないと、平気で不幸感のベルトコンベアーを回し続ける。

 

何が起こっても受け止めて、自らの手で切り開いていく。

それは確かに苦しいこともある。でも、自分の人生に責任を持たない限り、いつまでも幸せはない。

 

この日本という恵まれた国では、どう生きるかその姿勢しだいで、幸も不幸も決まってくる。

恵まれているようでもあり、残酷でもある。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です