【超主観的】青年海外協力隊になってよかった3つのこと

 

ムラホ!!おおいしです!

今日は、「青年海外協力隊になってよかったこと」をまとめてみました。

 

ルワンダに飛び立ってから、もう一年が経過しました。

ただ、ルワンダにいた期間は、実質三ヶ月で、日本に十ヶ月です。二年ある活動期間のうち、日本にいた期間の方が長いです。

 

それでも、青年海外協力隊に挑戦して、ほんとうによかったと思っています。

得られたことがたくさんあります。それを今回は3つにまとめてみました!

【超主観的】青年海外協力隊になってよかった3つのこと

仲間に出会えた

仲間

青年海外協力隊に挑戦したことで、志を持った仲間たちと出会えました。

それぞれの国に派遣される前に、山にこもって70日間の訓練を受けます。

 

普通に生活していたら関わることのない、200人と寝食を共にしました。性別、年齢、職業、経歴、目的、価値観はバラバラです。

 

「とにかく成長したい」と尊敬の念を抱かせる若者から、「本気で世界を変えたい」と熱く国際協力を志す青年、「人生挑戦してなんぼや」と楽しく生きる人生の先輩と、個性的な人たちで溢れています。

 

そんな彼らと過ごした日々、そしてそのつながりは、かけがえのない財産になりました。

生きる舞台が日本から地球へ

地球

アフリカという今まで訪れたことのない地域にいくことで、文字通り世界が広がりました。

 

たとえば、将来のことを考えるときに、アフリカも選択肢になりました。これは一度もアフリカで生活をしたことがなければ、ぜったいにあり得ませんでした。

 

世界において環境で見れば、アフリカが最も過酷です。

実際に、水は使えませんでし、マラリアに罹患する恐怖とも闘っていました。

それでも、生きていけました。

 

このアフリカで暮らせたという経験は、地球のどこでも暮らせるという感覚を生みました。

 

アフリカは日本と比べたら、不便千万。

娯楽なんかもありませんし、大袈裟に言えば食事はイモ一択。

選べるほどのモノ・コトはありません。

 

でも、ないなりに、あるものでどうにかなります。

むしろ、日本にいるときよりも幸せでした。

 

日本だろうと、世界のどこだろうと、楽しいも幸せもつくれるのです。

大切なのは環境ではなく、自分がどうあるか。生きる舞台が日本から地球に広がりました。

ほんとうにやりたいことが見える

心

青年海外協力隊は、少し異質です。なぜなら、任期が2年と決まっており、通過点でしかないからです。必然的に、今後について考える必要があります。

青年海外協力隊の立場からだと、冷静に考えることができます。

 

会社などの組織に属している場合に、自分の将来を考えるというのは、度合いはどうであれ「会社からやめたい」「仕事が大変」といった願望があるはずです。

その状態で考えると、どうしても隣の芝生は青く見えてしまいます。

つまり、盲目的になってしまうのです。

 

ぼく自身がそうでした。

初めは退社して、大学院で心理学の勉強をするつもりでした。

結局、尊敬する先輩の一言で、まずは青年海外協力隊になり、その後で院に行くことに決めました。

 

しかし、今改めて考えると、大学院は選択肢にすら入りません。

冷静に考えているつもりだったのですが、「とりあえず別の場所にいきたい」という願望があったのだと思います。

辞めること最優先で、選択肢を狭めてしまっていたのです。

 

もう一つのポイントが、青年海外協力隊は、企業ではなく、ボランティアです。

なので、利益のためでなく、国際社会のために働きます。

 

どうしても資本主義の世界で生きていると、組織としても、個人としても、不健康な成長を強制されます。

その枠を飛び出し、ボランティアとして自発的に活動をしながら、考える未来は今までとは違って見えます。

 

青年海外協力隊という特殊な立場から将来を考えることで、その場しのぎの願望ではない、ほんとうに自分のやりたいことが見えるのです。

 

世界へ飛び出そう

最後にもう一度まとめます!

【超主観的】青年海外協力隊で得られた3つのこと

  1. 仲間に出会えた
  2. 生きる舞台が日本から地球へ
  3. ほんとうにやりたいことが見える

 

もうすぐルワンダに戻れるはずです。今は、そう信じるしかないです。

 

青年海外協力隊の募集が、5月に始まる予定です。

JICA協力隊(青年海外協力隊)HP

ぜひ新しい世界へ飛び出してみてください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

シェアしていただけると嬉しいです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です