答えがある世界は魅力的である。

魅力的な世界

 

答えがある世界は魅力的だ。

なぜなら、楽だから。

 

ところが、世界には答えがない。

だから自分自身で、問いを立てて考えなければならない。

それは、物凄くめんどくさい。

 

自らの答えつくるために、知識や経験を総動員して、どうにか答えをだす。

その答えが正しいのか分からない。間違っていると袋叩きにあうかもしれない。

だから、多くの人が答えだと言うものを、疑わずに信じるほうが圧倒的に楽なのだ。

 

「何のために勉強するのか」「何のために働くのか」「何のために生きるか」答えのない問いを、徹底的に考えたことがあるだろうか。

ぼくは、いっさい考えたことがなかった。信じていた世界から強制的に弾かれとき、はじめて考えた。

 

ぼくたちは小学生から高校生まで12年間、答えを覚える訓練をひたすら積んできた。

世界には、覚える答えなんかほんとうは無いのに。

 

それでも必死に訓練をするにはワケがあった。

答えが用意されていたからだ。

「いい大学に入って、いい会社に入る。そうすれば、幸せな人生が送れる」という魅力的な答えが。

 

これが、この世界の答えだと信じていた。

自ら問いを立て、答えをつくりだすなんてできるはずがない。

答えを暗記することしかできないからだ。

それに、生まれてからずっと信じてきたものを捨てるのは、容易でない。

 

中世のヨーロッパは、魅力的な世界だった。

神が存在していたからだ。

神を信じていれば、救われた。教会の言うことに従っていれば、神に取り次いでくれた。

かなり乱暴に言えば、神が規定した世界で従順に生きていれば幸せになれたのだから。

 

しかし、この神が絶対だった世界に意義を唱えた人がいた。

哲学者だ。

 

いまこそあなたの人生を哲学するのだ。

答えのある魅力的な世界から、答えのない混沌とした世界に飛び込もう。自分自身で問い直してほしい。

 

「何のために勉強するのか?」

 

「何のために働くのか?」

 

「何のために生きるのか?」

 

その結果、神を信じたっていい。

面倒でも、怖くても、一度、疑い考えてみてほしい。その思考はぜったいに無駄にならない。

 

未熟でいいから、不恰好でいいから、いまの自分に出せる最大限の答えを。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です