【BEST30】人生を変える魔法の言葉|Part1【名言】

人生の名言

 

あなたが大切にしてる言葉はありますか?

ぼくは何度も、いろいろな言葉に救われきました。

 

元気になりたいとき。

悩んでいるとき。

背中を押してもらいたいとき。

慰めてほしいとき。

自信がないとき。

 

言葉が力をくれます。

言葉には、人生を変える魔力があります

 

人生の大先輩たちの名言を集めました。生きる勇気がもらえる熱い言葉を届けたいと思います

 

【BEST30】人生を変える魔法の言葉|Part1【名言】

苦しんでいい、それが青春だ

苦しでいい、それが青春だ

「 若い時代は苦しい思いをたくさんする。しかし、それでいいのだ。その苦しみがいかに自分の成長につながるか。悩んでいいし、苦しんでいい。それが青春なのだ」

 

ジョンキムさんの著書の一節。

 

この言葉に何度、救われたことか。

もっと早く、もっと人生の早い段階で出会いたかった。

どんなに気持ちがラクになったか。

 

そんな人生を支えてくれるような言葉に、出会える人がひとりでもいれば、嬉しい。

 

人生は喜劇だ

人生は喜劇だ

「人生はクローズアップで見れば悲劇だが、ロングショットでみれば喜劇だ」

 

世界の三大喜劇王、チャップリンの言葉。

 

若い時の失敗なんて、なんでもない。

たしかに、その瞬間は辛いし、悔しいし、恥ずかしいかもしれない。

 

そんなときこそ、この言葉を思い出してほしい。

だから、失敗を恐れず、たくさんのことに挑戦してほしい。

 

挑戦なんて言うと少し大げさだけど。

気負いせずに部活をやってみたり、班長になってみたり、少し気になる子に話かけたり……ほんとに色んなこと。

 

たとえ、怒られても、迷惑をかけても、恥ずかしくても。べつに死ぬわけではないし、人生遠くから見れば、本当に些細なことでしかない。

 

だから、一歩、踏み出してみてほしい。

絶対に大丈夫だから。

 

足がすくんだら、チャップリンの言葉を思い出そう。

「人生はクローズアップで見れば悲劇だが、ロングショットでみれば喜劇だ」

きっと、背中を押してくれる。

自分の人生を生きるのだ

自分の人生を生きるのだ

「理不尽な上司や学校の先生に、むりやり認めてもらう必要はない。市場価値の高い人間になればいい。より大きな共同体で考えればいいのだ」

 

自己啓発の父、アドラーの言葉。

 

誰かに認めてもらう必要なんかない。

「認められたい」その気持ちは分かる。痛いほど分かる。マズローの言う欲求5段階にも、承認欲求が出てくるくらいだ。

 

しかし、上司や先生から認められるために、生きていていいのか?

他人から承認を得るために、あなたの命は使っていいのか?

それは、自分の人生を生きてると言えるか?

 

そんな狭い世界の、特定の人に認められることに、なんの意味があるだろう。

 

たかが200人くらいの世界だ。多くても1000人だろう。最も人口が少ない県ですら、50万人もいる。500倍だ。

世界は広い。

 

他人から認められるためじゃなく「自分のため」に生きよう。

すぐに分からなくても、必ず自分が「生きる目的」が見つかる。

 

自分の人生を生きるのだ。

 

人生は実験だ

人生は実験だ

「私は失敗したことがない。ただ、1万通りの、うまくいかない方法を見つけただけだ」

 

発明家、エジソンの言葉。

 

これは有名だから、聞いたことがあるかもしれない。

でも、本当に分かっているだろうか?

 

「エジソンすげえ」と思うだけじゃだめだ。

この言葉は実践してみて、初めて意味が分かる。

 

かつての自分は「あきらめない心」が大切なんだとしか、捉えていなかった。

だが、それだけじゃない。

 

これは「プラス思考」の大切さだ。

失敗や過ぎたことを、くよくよとマイナスに考えても何も生まない。

 

前向きに考え、そこから学びを得て、次へ活かす。

すぐに、次の一歩を踏み出すのだ。

息をするかのように、行動するのだ。

 

そうすれば、失敗なんて失敗でなくなる。

「うまくいかない方法を見つけた」と本当に思えるようになる。

 

やってみてダメなら切り替え、違う方法で試せばいい。どんどんやってみよう。人生は実験だ。

エジソンだからじゃない、ぼくたちにも失敗はない。

どんな日もよい日

どんな日もよい日

「日日是好日」(にちにちこれこうにち)

 

どんな一日も人生にとってかけがえのない経験をさせてくれる”よい日”である。という禅の言葉。

 

生きていれば「良い一日だったな」と思える日もあれば、「しんどい一日だったな」と思う日もある。

 

しかし、そんな楽しい日も、辛い日でさえ、かけがえのない”よい日”なのだ。

どんな一日からも、必ず得られるものがある。

 

たとえば、友達に悪口を言われたとする。

「うるさいな、最悪な日だった」とその日を忘れてしまうのか、「たしかに自分が見えてなかったかも」と成長するチャンスの日に変えるか。

その一日をどう解釈するかは、あなた次第だ。

 

捉え方次第で、どんな日も”よい日”になる。

 

実際、”よい日”なのだ。

毎日「今日も”よい日”だったな」と言ってから、床に就こう。実践し続けていると、”よい日”しかないと心から思えるようになる。

 

かけがえのない一日、一日を大切に。日日是好日。

感謝の心を忘れているとき

感謝の心を忘れているとき

「上手くいかないときは、感謝の心を忘れているとき」

 

人生の大先輩に教えてもらった言葉。

 

今日も健康に過ごせること、いつも勉強ができること、美味しいご飯が食べれること、きれいな景色を見れること、空気が吸えること、布団で寝れること。

 

何気なく生きていると、当たり前のことに、感謝することを忘れてしまう。

 

どんなことにでも「ありがとう」と言えるとき、幸せを感じる。満たされた気持ちになる。

「なんて恵まれているのだろう」「幸せだなあ」「本当にありがとう」と思う。こう思えるときは、だいたい上手くいっているのだ。

 

反対に、上手くいってないときは、「ありがとう」の言葉が出てこない。

 

思い返すと「あの時も」「この時も」と、感謝の心を忘れていたことに気づくのだ。

当たり前のことに、感謝できなくなっているときは、要注意。

 

世の中、当たり前なんてない。どんなときも胸に感謝の心を。

起こることはすべて必然

起こることはすべて必然

「世の中で起こることはすべて、必然、必要であり、ベストのことしか起こらないようになっている」

 

船井総研の創始者、船井幸雄の言葉。

 

起こることすべては、起こるべくして起こっている。

どんな困難も、どんな試練も、すべて必然。

 

すべて必ず意味があって、起こっている。

あなたに、何かを教えるために。

このベストのタイミングで、何かを教えようと。

 

だから、なにが起こっても、嘆かない。ため息をつかない。

すべて必然で、必要なのだ。そんなものを憂いてもしょうがない。

 

「そこから何が学べるか」「何が出来るのか」を考え、行動していく。

これしかない。どんなときも、プラス思考で。

 

あなたに越えられないものは、あなたの前にやってこない。

あなたに越えられるから、やってきたのだ。

 

世の中の起こることはすべて、必然、必要、ベストなのだ。

 

未完成で完璧

未熟で完璧

「バラの一生は、どの瞬間をとっても完璧である」

 

アメリカの思想家、エマソンの言葉。

 

どの瞬間も完璧なのだ。

今のあなたも完璧なのだ。

 

1年前のあなたも完璧で、3年後のあなたも完璧。

それは、完璧な人間という意味ではない。

 

常に未熟である。未熟で完璧なのだ。

今の未完成な自分でいい。それで完璧なのだ。

 

バラがツボミのとき「まだ花が咲いてない」「まだバラじゃない」と決めるのは、周りの人間だ。周りが勝手に決めたのだ。

 

でも、バラからすれば、そのツボミの瞬間も、バラだ。

「まだ花が咲いてない」とか「まだバラじゃない」とか、じゃないのだ。バラなのだ。

どの瞬間も未完成で、完璧なバラなのだ。

 

まだあなたが、言葉もしゃべれない赤ん坊のとき、完璧だったように。

今のあなたも、あなたのままで完璧なのだ。

それは完璧な人間という意味ではない。

 

あなたという人間として完璧なのだ。

 

あなたの一生もバラと同じ。

どの瞬間も完璧なのだ。

 

可能性にフタをするな

可能性にフタをするな

「本気で願い努力すれば、星にだって手が届く可能性がある。つまり、人間には無限の可能性がある」

 

元H&Mジャパンの代表取締役社長、クリスティン・エドマンの言葉。

 

自分の可能性にフタをするな。

自分で、自分の可能性にフタをしてしまっている。

自分で、自分に出来ないと言ってしまっている。

 

中学校、高校、大学と進む中で、いろいろな経験をする。

楽しいことも、時には、辛いことも。たった一回の失敗や挫折で「自分にはできない」「諦めたほうがいい」と信じてしまうようになる。

 

また、学校生活には、テストや部活動などがある。そこでは、他人との比較が、生まれてしまう。「あの子には出来て、自分には出来ない」と、自分の可能性を否定してしまう。

 

でも、それも今日でやめよう。

自分には「できる」。自分の可能性を信じよう。

初めは信じられなくてもいい。できるから。

 

自分の可能性を否定するのだけはやめよう。

自分の可能性にフタをするのだけはやめよう。

 

できる。絶対にできる。

それだけで、人生は大きく変わるはずだ。

いつまでも成長期

いつまでも成長期

「『変わりたい』と望むならば、きっといつまでも成長期」

 

コアラモード. 『Hurrsy!』の歌詞の言葉。

 

人生、いつまでも成長期だ。

「変わりたい」「成長したい」と思うのに、遅いことはない。

 

伊能忠敬は50歳から勉強をはじめ、56歳から日本地図をつくった。

カーネル・サンダースは、65歳からケンタッキー・フライド・チキンを創業。

レイ・クロックは、52歳からマクドナルドを世界最大チェーンに。

 

人生に遅いなんてことはない。

何歳からでも、成長できるのだ。

成長期は、子供だけの特権ではない。

 

人生ずっと成長期なのだ。

望むかぎり、いつまでも成長できる。

息絶えるその時まで、成長期だ。

 

だから、ぜったいに人生をあきらめちゃいけない。

いつからだって変われる。

 

【BEST30】人生を変える魔法の言葉|Part2【名言】

【BEST30】人生を変える魔法の言葉|Part3【名言】

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!!

シェアしていただけると嬉しいです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です