復活のガーデンキブイエ

 

ガーデンキブイエ。

それは、夢の農園。

 

一年前、荒廃した大地を耕し、種を蒔き、水を与えながら未来に想いを馳せた。

 

こまつな、キャベツ、オクラ、かぶ、にんじん。

来週も一区画掘り起そう。次はネギを植えようかな。いつごろ芽が出るのだろう。

こんなにワクワク胸を踊らさせたのは、高校の席替え以来だった。

 

週末が楽しみで仕方なかった。それなのに、それなのに……。

コロナウイルスによる強制緊急帰国。

 

青年海外協力隊の活動自体も動き始めたころだった。でも、そんなことより、畑が気がかりだったのだ。

にんじんをカレーに嫁がせてあげたい。キャベツが大人になるまで見届けないと、死んでも死にきれない。

 

そして、月日が流れること一年。

天空1500mに位置する夢の楽園、ガーデンキブイエに帰ってきた。

しかし、もう原型はなかった。

 

豆によって、無造作に占領された楽園。

ぜったいに耕してくれるなよ、という無言なプレッシャー。

オリバーカーンを前にしたような圧倒的な存在感に、ぼくは屈した。

 

ところが、ルワンダに戻って来て、2ヶ月が経ったいま。

絶対的守護神に陰りが見え始めたのだ。

 

おそらく、来月中には、楽園の再建ができそうだ。

1年越しのガーデンキブイエ、こんなに嬉しいことはない。

 

ルワキャンを楽しんでいるいま、自分の農園から収穫した野菜でバーベキューができるなんて。想像しただけで、火が起こせそうだ。

 

次は、耕し始めました、という報告ができることを祈って。

あとは、とうもろこしという名の、ピータークラウチの大群が残っているのが懸念である。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です