ランニング日記1

 

5月16日

習慣的にランニングを始めて、2カ月。

 

ランニングとは、生き様だと思う。

始めたばかりのやつが何を言っているのだという感じだが、始めたばかりだからこそ、新しい発見がたくさんあるのかもしれない。

 

たくさんの通行人がいたら、自慢げにスピードをだす。

他のランナーを見かけたら、無理して追い抜かす。

女性とすれ違うときは、涼しい顔をする。

 

他者の目を気にしているのだ。

自分の生き様が、ダイレクトにあらわれている。自分そのものすぎて、びっくりしている。

 

ランニングしている人を見たら、その人の生き様が分かるのだろうか。

僕には、ぜんぜん分からないし、そもそも確かめる気もない。

 

ただ、自分の走り様は、あんまりにも自分の生き様を写しだしていた。ランニングは、そんなことが分かるのかと、心底おどろいた。

 

自分のことって、意外と分かっているようで、分かってない。だからこそ、たまに見直しみることも大切だ。

 

5月18日

先日、ランニングは、生き様だと解釈した。

 

だとしたら、理想の生き様を、ランニングで表現したい。そうすることで、理想の生き様を浸透させるのだ。

 

人や環境に左右されない強い人間だ。

ランニングは、生き様と意識して、走った。

 

どんなにたくさんの人がいても、自分のペースを乱さなかった。

他のランナーに抜かれても、我慢して、自分のペースを守った。

これは成長だ。

 

女性が前に現れた。

今までのペースを大胆に崩し、カッコつけて走った。

元に戻った。これは、衰退だ。

 

三歩進んで、二歩下がるとは、よく言ったものだ。

 

5月19日

今日、ひとつの大きな発見があった。

 

「ペースを守るとタイムが良い」

当たり前なのかもしれない。陸上についての知識はないので、分からない。でも、タイムが良かった。そして、あんまりキツくなかった。

 

高校の部活でタイムトライアルがあれば、スタートダッシュが鍵だった記憶があった。ゆえに今日の発見は、今までの常識を覆した。

 

お正月の箱根駅伝を見るたび、疑問に思っていたことがある。

「余裕がありそうなのに、なんでペースを上げないんだろう」と。

そういうことだったのかと、自分の中で勝手に納得した。

 

本当のところは、どうなのかは知らない。

ただ、自分のペースを保つのが大切なことは、身に染みてわかった。

 

人生も同じである。

 

下り坂でスピードが出せそうでも、ペースを守る。

周りのランナーたちに追い抜かれても、ペースを守る。

上り坂で気持ちがめげそうになっても、ペースを守る。

 

その方が結果的に、遠くまで早くいけるものだ。

 

5月22日

今日は、走らなかった。

 

めんどくさかったからだ。

でも、そんな自分に〇。

 

そんな自分もいいのだ。

自己肯定感の第一人者で、恩師の先生に教えてもらった。

 

どんな自分も〇である。

やらなかったで、自分を責めても何もいいことはない。

 

責めて、自分で自分の自己肯定感を下げて、エネルギーが下がれば、余計やらなくなる。

 

だから、どんな自分も〇である。

また次、走りたいときに、走ればいいのだ。

 

5月24日

心の持ちようである。

 

ジョギングも、散歩ニングも、走るスピード、コース、タイム、疲れ具合も、すべて一緒にである。

 

しかし、心持ちだけは、違う。

ジョギングは、走る70%、散歩30%。

散歩ニングは、走る30%、散歩70%。

これは、僕の心の中の割合。

 

「ジョギング」だと思うと、走る意識が7割になってしまう。

ただ、「散歩ニング」してると思うだけで、走る意識は3割まで減る。

 

心の持ちようである。

そもそも、散歩ニングなんて、言葉はない。さっき、走りながらつくった。心持ちを変えるために。

この心持ちのおかげで、走っている20分間で、この文章が出来上がった。

 

外出自粛期間も、心の持ちようであった。

「自粛しなければならない」70%、「むしろ進んで部屋こもる」30%。だとこの期間は辛い。

 

でも、「むしろ進んで部屋こもる」を70%まで引き上げると、なんだか楽しくなってくる。やりたいことが、たくさんできる最高の期間に変わる。

ようは、心の持ちようである。

 

本当に面白い。心の持ち方を変えるだけで、こんなにも毎日が変わるのだから。

心の持ちようである。

 

5月25日

人生は、ロードランだ。

 

マラソンではなく、ロードランだ。

マラソンはよく人生に喩えられけど、違う。

 

人生は、ロードランだ。

マラソンは、参加者だけが走る平らな道を、駆け抜ける。

ロードランには、上り坂や下り坂がある。

 

整備さて走りやすい道もあれば、デコボコで走りにくい道もある。

住宅が立ち並ぶ退屈な道もあれば、色とりどりの花が咲く美しい道もある。

犬に吠えられたり、美女に気を取られたりする。

信号に止められない、運も必要だ。

 

人生に似ている。

急な上り坂を登り切ったとき、気が抜けてペースを落としてしまった。

達成感に浸っている暇はない、昨日の自分に勝つのだ。

 

つくづく人生に似ていると思った。

人生は、ロードランだ。

 

5月28日

ランニングは、キツイ。苦しい。

 

散歩気分で走れば、楽しい。

だが、タイムを狙えば、苦しくなる。

 

昨日の自分に、先週の自分に、勝つんだ。

昨日よりも、先週よりも、成長していたい。

 

定期的にランニングをするようになって、2カ月。4キロを、だいたい22分で走る。べつに早くない。でも、少しずつ早くなって来ていることが嬉しい。

 

タイムを狙うと、ほんとに苦しい。

ひどい顔になる。汗をダラダラと垂らしながら、顔中のしわを寄せて、もう嫌だと言わんばかりの顔。

 

しかし、こんな時こそ、笑顔をつくる。無理やり笑顔をつくる。口角を上げて、歯を出して、思いっきり笑うのだ。

なんだか楽しくなってくる。苦しさが和らぐのだ。傍から見たら、ヘンタイだ。

 

完全にヘンタイだ。

身体を大きく揺らして、息を荒げながら、ぎこちない笑顔の男が走ってくるのだ。

 

だが、これは修行なのだ。

実際、苦しさがまぎれる利点もあるが。

修行なのだ。

 

人生において、苦しいことや辛いことがあったときに、笑顔でいれるように。

本当に苦しい時に、苦しい顔をしていたら、もっと苦しくなる。

 

だから、どんなことがあっても、無理やり笑顔をつくるのだ。胸を張って、顔を上げて、口角を引っ張り上げるのだ。

そうすれば、どんな困難も乗り越えられる。その時のための修行なのだ。

 

ランニングは、笑顔道場。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です