ランニング日記2

 

6月2日

緩やかな下り坂を、勢いよく駆けていく。

 

70キロを超える巨体を、両足が力強く受け止めながら。

小学生のころの足だったなら、一瞬で砕け散るだろう。ボキンと。

 

僕の足は太く、勇ましくなった。

本当によく、育ったものだ。

自分で、自分の足に心底、感心する。

 

母が栄養のあるご飯を、たくさん食べさせてくれたからだろう。

牛や豚、魚、野菜といった生命が、僕に力を与えてくれたからだろう。

 

自分は食べるだけだ。自分は、この世界に生かしてもらっていると、つくづく思う。

 

ほんとにありがとう。

感謝のきもちでいっぱいだ。

 

6月3日

ランニングを初めて、2カ月が経つ。

 

こんなに走ることが続いたことはない。初めてだ。

サッカー部に所属していた高校生の時でさえ、続かなかったのにだ。これは、目的の違いだと思った。

 

あの頃の自主的なランニングの目的は、「言い訳づくり」だ。「努力という名の言い訳」だ。

 

練習もして、帰宅したあとに、走る。これだけ、やっても結果でないのは、もう仕方ない。という言い訳だ。自分に対しても、チームメイトに対しても。

 

その当時、「試合に出るため」「試合に勝つため」と目的があった。でも、続かなかった。心のどこかで、言い訳をつくりたい自分がいたのだろうか。

もちろん本気でやっていた。

 

でも、今の自分には「本当に本気だったのか?」そう思えてしまう。本気だったら、続くはずだ。でも、続かなかったのだから。

 

では、なぜ今は続けられるのか?こんな声がありそうだ。「部活もなくて、自分を追い込んでまで、走る必要がないからじゃないか」

 

言わせてもらおう。

今も走るのは、キツイ。苦しい。

 

さらに言えば、高校時代のランニングには、サッカー部という活かせる場所があった。大会で勝ち進むという目標もあった。

 

しかし、今は、何もない。

社会人のチームに入ってるでもなく、マラソン大会にでる予定があるでもなく、どこにも活かす場所なんてないし、目指しているものもない。

 

でも、続くのだ。

それは、「走ること」自体が目的になっているからだ。

気持ちいいのだ。

 

走るのは、気持ちいい。身体はキツイし、心臓も苦しい、でも気持ちいいのだ。心がキレイになる。頭がスッキリする。このために走っている。

瘦せたいとか、体力をつけたいとか、そのために走っていたら、おそらく続いていない。

 

その積み重ねの先に、目的を達成できるのではなく、走るたびに毎回、目的が果たせるのだ。

だから、続くのだ。「走らなきゃいけない」ではなく、「走りたい」と純粋に思えるのだ。だから、続くのだ。

 

何かを習慣にしたいと思ったら、その「行動自体を楽しむこと」が大事なんだと、今になって学んだ。

 

6月5日

毎日走っているわけではない。

 

走るのは、せいぜい週に3、4回だ。

1回、走りにいくと、2、3つ紀行文が出来上がる。それを、毎日にわけて投稿しているのだ。

 

何が言いたいかというと、脳が走るのだ。

自分でも止められないくらいに、脳が全力で走り出すのだ。「おれの番だ!誰もジャマするな!」と言わんばかりに、走り出すのだ。

 

主人の足よりも速く、脳が走り出すのだ。

脳がタイムを測ったら、とんでもない記録が出そうだ。

 

なぜ、脳が暴走するのか、考えてみた。

おそらく、本当に脳の番なのだ。

 

今、実家の自分の部屋で、1日の8割は過ごしていると思う。

1日中、部屋には自分だけ。自分だけの時間……。

意外とそうではない。

 

部屋に自分一人でいても、母や兄弟は何か言っている。本の著者は訴えかけてくる。スマートフォンは世界を繋いでくる。一人の時間なんてないのだ。

 

ランニングは、本当の意味で一人になれる。常に、自分自身との会話しかない。

 

もちろん、景色を見て情報は入ってくるが、いつもと同じコースなので、新しい情報はすくないし、裸眼で走るから、世界は常にぼやけている。ゆえに、自分自身との会話に集中できるのだ。

 

だから、それが嬉しくて、脳が暴走してしまうのだ。それが分かって、少し興奮している。

 

6月7日

いつものように走っていると、横を路線バスが通り過ぎた。

 

何を思ったのか「あのバスに勝つぞ」と本気で思った。

しかも、本気で勝てる謎の自信があった。

 

全速力でバスを追いかける。

10m、20mと、どんどん離されていく。しかし、決してあきらめなかった。

 

ほら見たことか、バス停だ。この間に、距離をつめ、真後ろにまで迫った。

だが、バス停を離れたバスは、容赦なく走り去っていった。

 

結果として、僕はバスに勝てなかった。

 

これは、身体能力がないからじゃない。

バスが時速40kmで走れるからじゃない。

自分にバスに勝つ才能がないからじゃない。

バスと争う知識も経験もないからじゃない。

 

あきらめたからだ。

僕がバスに勝つことを、あきらめたから負けたのだ。

 

もし、あきらめなかったら、勝てていた。

本気でそう思える。

 

気づいたことがある。

夢中になってバスを追いかけていたら、ずいぶん遠くまで来ていた。

知らないうちに、前に進んでいたのだ。

 

今回のバスがダメでも、また新しいバスを見つけて、走ればいいのだ。

そのバスを追った軌跡は、決してムダにはならないはずだから。

 

6月10日

今日は、成長を実感した。

 

これまで、他のランナーを「負けないぞ」と敵として見ていた。見栄を張って、無理して、自分のペースを崩していた。

 

しかし、今日は他のランナーを見て「自分も頑張るぞ」と好敵手と見なせた。その走る姿に、勇気をもらって、走る力に変えられた。

 

これは、成長だ。

女性が前に現れた。

今までのペースを大胆に崩し、カッコつけて走った。見栄を張って、無理して、自分のペースを崩した。

 

これは、衰退だ。

いや、違う。これは、成長だ。

 

なぜなら、その女性から勇気をもらって、走る力に変えたからだ。タイムは確実に、縮まっている。

 

これは、成長だ。

今日は、三歩進んで、一歩も下がらなかった。

 

6月11日

町中を走ると、足止めをくらうことがある。

 

信号、歩行者、車、いろいろある。足を止められるのは、仕方のないことだ。

 

タイムの更新を狙っているときは、足を止められないことを願う。だが、そんな時に限って、赤信号に引っかかる。歩行者の後ろを歩くことになる。

 

正直、その瞬間は、これがなければと思ってしまう。

しかし、次の瞬間には、ワクワクする。ゴールしてタイムを見ることにワクワクするのだ。

 

なぜなら、そのタイムには伸びしろしかないからだ。

足止めされた分だけ、伸びしろがあるからだ。

 

たとえ、足止めがあっても、ベストを尽くす。ベストを尽くしたタイムが、足止めされた分だけ、さらに早くなると思うとワクワクする。

 

障害物バンザイだ。それは、伸びしろだ。

 

6月14日

悩んだら走る。

 

心配や不安。心のモヤモヤが増殖しそうになったら、走るようにしている。

 

なぜなら、走ると「心頭滅却」できるかだ。

心頭滅却とは禅の言葉で、「頭」と「却」には意味はないそうだ。そして、「心」を「滅」するわけではなく、心を整えるということらしい。

 

まさしく、「心頭滅却」この言葉が、ランニングにはピッタリだと思った。

 

走っていると、余計なことを考えなくなる。苦しいからそれどころではなくなるのか? なぜだろう?

 

とりあえず、分かっていることは、心のモヤモヤが晴れることだ。頭も心も、スッキリするのだ。

 

悩んだら走るのはおススメだ。

まだランニング歴、2カ月のド素人だが。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です