星と歌声ととうもろこし【ルワンダで焚き火に挑戦】

 

BBQに引き続き、チャレンジしたかったアウトドア、焚き火。

休日に自宅の庭で焚き火ができるなんて、最高の環境です。

 

実は、この写真は2回目の様子。

なぜなら、ルワンダでのはじめての焚き火は、大失敗に終わったからです。

 

玄関の前にある地面がコンクリートになっている箇所に木を組みます。火を起こして、「焚き火は最高やな」と悠長に眺めていました。

 

すると、ときおり聞こえたくる破裂音。

木があんまりよくないのかな、ルワンダの木はよく爆発するんだなと感心してました。

 

すべての薪をくべ、もうこれでおしまいかと感傷に浸っていると、

バコーンという音とともに宙に舞う木々。あらわになったコンクリートはぼろぼろに。

 

ここで初めて破裂音の正体に気づきました。そして、熱でコンクリートは割れるということを学習した1回目。

 

その反省を生かして、ゴミ処理場にしている庭の一角で行います。

焚き火って、いろんな組み方があるんですね。「ティピ型」「井桁型」「放射型」「差し掛け型」「ハンター型」。

 

今回は林間学校でおなじみ「井桁(いげた)型」に挑戦してみることにしました。

キャンプファイヤーです。否応でも気持ちが昂ぶってきます。

 

他にも、火がつくのに苦戦した前回の反省を大いに活かします。乾いている木を選び、ルワンダの着火剤である豆の木も用意。

 

その成果もあり、いとも簡単に火がつきました。

 

キャンプファイヤーの組み方ってこんな燃えるのと、仕掛けた本人が引くほどの大炎上。もはや火事です。

突然の火柱に驚いた隣のルワンダ人も出てくる始末。

 

「なにやってるんだ?」と、ルワンダ人は不思議がっています。

焚き火だよと答えると、「なんのために?」とさらに困惑。変なジャパニーズが謎の儀式でも始めたかと思ったのでしょう。

リラックスするためだよと伝えると、グッドと言いつつ首を傾げて家へと戻っていきました。

 

「差し掛け型」というスタンダードだ焚べ方に戻しても、勢い変わらない。

組み方の問題ではなく、ルワンダの木がよく燃えるんだとなという結論に至りました。

 

とにかく、焚き火はいいですね。

炎もですが、ロケーションが最高です。

 

余計な灯や障害物のない空に広がる満天の星。遠くから聞こえてくる心地よいルワンダ人の歌声。庭にそびえつ生命力あふれるとうもろこしたち。

焚き火と星と歌声ととうもろこし。

これで、もうじゅうぶん幸せ。これ以上ほかに何がいるというのだろう。自然って素晴らしい。

 

見ようとしてなかっただけで、星たちは最初からずっとそこにあった。

炎がルワンダの風にはためく。火の粉が上がり、夜空に溶けていく。彼らが星になるのかもしれない。

 

こんな痛いことも平気で言えてしまうほど、酔わせてれるのが、焚き火なのです。

 

ぼくはこの日、ルワンダで見た景色を生涯忘れることはありません。自宅の庭でする焚き火は、極上の体験でした。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!!

シェアしていただけると嬉しいです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です