【朝起きれない人必見】朝に絶対やってはいけないことTOP5

寝る(昼)のイメージ

 

今回は、早起きしたくてもできない、朝起きれなくて困っているという方々に、「朝にやってはいけないこと」をランキング形式でまとめました!

起きれないとお悩みの方、必見です。

 

かく言うぼくも、「明日は5時に起きるぞ」と気張っては寝坊し、15分で支度をして職場に向かっていました。

しかし、今では毎日5時に起きれるようになりました。それは、朝起きるための習慣を身に付けたに他なりません。

気合いでは、長続きはしません。正しい方法で科学的に、起きれる習慣をつくるのです。

【朝起きれない人必見】朝に絶対やってはいけないことTOP5

第5位 完璧主義

完璧主義のイメージ

朝やってはいけないこと、第5位は「完璧主義」です。

まず、完璧主義をやめてください。このマインドセットが大切です。なぜなら、そう簡単には、時間通り毎日起きれるようにはならないからです。

 

ぼく自身がそうでした。3日早起きできたと思ったら、元に戻り、10日間続いたと思ったら、元に戻り。この繰り返しでした。

「うわ、起きれなかった自分ダメだ」「30分も遅く起きた、最悪だ」とか思ってしまいます。自己嫌悪に陥り起きれない負のループに入ってしまうので、完璧主義をやめて、良い側面に意識を向けるようにしましょう。

第4位 食事を摂らない

朝食のイメージ

朝やってはいけないこと、第4位は「食事を摂らない」です。

人間は、約24時間の周期で働く時計を身体の中に持っています。早起きを習慣にするには、この体内時計のリズムを整えることが重要です。

 

朝食を食べることで、身体に朝が来たことを教えてあげてください。

海外へ行くとき、時差ボケを防ぐのも食事がカギです。現地の時刻を計算して、機内食を調整すると時差ボケはほとんどなくなります。

第3位 休日にたくさん寝る

寝るイメージ

朝やってはいけないこと、第3位は「休日にたくさん寝る」です。

休日も平日と同じ時間に起きてください。毎日同じ時間に起きてください。

 

今日は会社がないから昼まで寝てようとか、学校は休みだからもう1時間寝ようなどと、いつもより長く寝ようとしていませんか?

休日に寝溜めはダメです。そもそも寝溜めはできません。できるだけ平日と同じパターンの朝を過ごすようにしてください。

第2位 人と会う約束をしない

人と会うイメージ

朝やってはいけないこと、第2位は「人と会う約束をしない」です。

人と会う約束があれば、起きれます。ゆるい強制力の効果は絶大です。

 

たとえば、友達とカフェで会う約束をしたり、朝から勉強するサークルに入るなど。

もし、人と会うのが面倒であれば、友達でも家族でもいいので早起きの習慣つくりたいから毎朝メッセージ送っていいか頼んでみてください。

「起きた」「おはよう」と連絡を入れるだけで、変わるはずです。最近ではオンライン朝活を活用する手もあります。積極的にゆるい強制力をつくってください。

第1位 朝日を浴びない

朝日のイメージ

朝やってはいけないこと、第1位は「朝日を浴びない」です。

朝の習慣で大切なことは、体内時計を整えることです。

 

目が覚めたら、真っ先にカーテンを開けて太陽の光を浴びてください。日差しを網膜に感じることで体内時計がリセットされます。

もし、家に窓がない、日が差してこないという方は、「朝日を浴びるために散歩する」「太陽に近い光を再現したライト買う」などと工夫してみてください。

とにかく朝は光を浴びて、体内時計を整えてください。

 

もう一度、朝にやってはいけないことTOP5を確認しましょう!

 

朝やってはいけないことTOP5

 

第1位 朝日を浴びない

第2位 人と会う約束をしない

第3位 休日にたくさん寝る

第4位 食事を摂らない

第5位 完璧主義

 

今回は、朝にやってはいけないことをまとめました。

しかし、朝起きるのに、夜に絶対やってはいけないこともあります。朝起きることは、夜寝ること表裏一体です。

朝のルーティンと夜のルーティンが合わさって、朝起きれるようになるのです。

 

夜にやってはいけないこともランキング形式でまとめています。ぜひこちらも読んでみてください。

【朝起きれない人必見】夜に絶対やってはいけないことTOP5

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!!

シェアしていただけると嬉しいです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です