青春とは、全力ダッシュだ。

青春

 

全速力で駆けたのが、いつだったか思い出せるだろうか。もし、思い出せないなら、全速力で走ってみてほしい。

全力ダッシュって、青春だ。きっとそう思うはずだ。

 

ランニングをしていると、たまに全力疾走したくなるときがある。

そのとき思うのだ。いま青春してるとなと。

 

なにも学生時代だけが、青春じゃない。いくら年をとっても、青春はできる。

今を全力で生きるかぎり、いつだって青春なのだ。

 

全国制覇を夢見て砕け散る。好きな子に告白して砕け散る。

そんな現実にもめげずに、がむしゃらに立ち向かう。それが青春だ。

 

出世街道を夢見て砕け散る。新商品を販売して砕け散る。

それでも、次はやってやると前を向く。これも青春だ。

 

学業だろうが、仕事だろうが、遊びだろうが、全力で挑む限り青春なのだ。

 

悩んで、迷って、選んで、失敗する。悩んで、迷って、選んべないで、失敗する。ときどき上手くいく。それが青春だ。

 

命をかけて、全力で生きているかぎり青春なのだ。

 

学生時代に憧憬し始める自分が現れると、今を全力で生きていないからだと、言い聞かせる。

 

周りも見えないくらいに、転んだら怪我をするくらいに、自分は走れているのだろうか。

未来の自分が、今の自分を羨むほどに青春できているのだろうか。そう、鼓舞する。

 

最後に、大好きな著者の好きな言葉を紹介して終わる。

「悩んでいいし、苦しんでいい。それが青春なのだ」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です