【page.13】アフリカの手荒い歓迎|79日目〜85日目

 

ここは、日本じゃない。

ここは、アフリカだ。ここは、ルワンダだ。

もう楽しむしかない!! そんな、はじまりの1週間。

1年ぶりの再開

おおよそ1年ぶりに、勤務先のルワマガナ郡庁へ。1ヶ月ほどしか一緒に働けなかったので、覚えてくれているのかとても不安でした。

 

しかし、すべて杞憂にすぎませんでした。

ビジネス振興課のオフィスへと足を踏み入れると、『オイシッ』『キブイエ』『ユスケ』と、笑顔で温かく迎え入れてくれたのです。

嬉しくて、込み上げてくるものがありました。

 

自分のデスクについて1時間も経つと、つい昨日まで通っていたかのような感覚に。この1年何をしていたのだろうと、急に遣る瀬なさに襲われます。

時間が経過する早さや時間の儚さを痛感し、未来や過去ばかりを見るのでなく、今を全力で、今を大切に生きようと、改めて誓いました。

 

毎週月曜日は、ミーティングです。それは、1年前と同じでした。

これまでは会議室で、約50人以上が密集してミーティングをしていたのが、さすがにオンラインに。

あいかわらずキニアルワンダ語での会議は、何を話しているのかさっぱり分かりません。

 

そして、一つ気になったのが、雨です。

朝から昼すぎまで、大雨。調べてみると、3月中旬から5月中旬までルワンダは雨季だそう。

雨が降っていると、外を歩くのも難しくなるので、雨の日にできることを考える必要がありそうです。

雨季のルワンダ

久しぶりのルワマガナです。

1年でどんな変化があったのか、その上でどんな活動ができるのか、調べるためにもこの1週間はとりあえず歩くことに決めました。

 

アリメンテーション(コンビニ的な店)や飲食店といった店舗が増えています。

舗装された道路や自転車に乗っている人も増え、肌感覚ですが以前より活気があるような気さえします。

経済成長が著しい国だけあって、コロナ禍でも確実に発展しています。さすがです、ルワンダ。

 

2、3時間ほど歩いていると、雲行きが怪しくなってきました。早く職場に戻らねばと思った矢先、突然のスコール。

 

近くにあったガソリンスタンド逃げ込むと、そこにはすでに20人ほどのルワンダ人が大集合。滝のようなに降る雨を共に眺めながら、30分は待ちぼうけ。

 

ルワンダ人が雨だから遅刻したと言い訳する理由が、身に染みて分かりました。こりゃ遅刻もするわ。

 

自分がかけているメガネをいったん外して、相手のメガネをかけてみることが大切なのです。

最初から、相手の価値観を間違っているとか、おかしいと否定するのではなく、その価値観の背景を想像することが不可欠です。

 

それは、現地で現地の人たちと共に生活をして、初めて理解できることです。

活動をするにも、まずは現地にどっぷり浸かり、学ばせてもらう必要がありそうです。

ひたすら年金の登録

ルワンダにも年金の仕組みがあり、55歳から受け取れるそうです。社会保障もしっかり整備されているのは少し意外でした。

 

週のほとんどは、この年金の登録のお手伝い。今回はルワンダのすべて先生の年金の登録です。

「EjoHeza」というシステムに登録されているデータと、作成したリストを照合し、一致すれば完了という仕組み。

リストには、国民ID、名前、電話番号、毎月の支払い額など記載されています。

 

とりあえずリストを照合してみると、名前が微妙に違っていたり、IDがそもそも違ったり、電話番号が抜けていたり、といった100件以上のもの不一致が見つかります。

それをひたすら修正するという作業です。

 

水曜から金曜までの3日間、朝からずっと昼も取れずに、リストとにらめっこ。帰任して早々、面食いました。

 

そもそも、こんなに機密な情報を異国から来た人間に扱わせていいのか。国民の社会保障に関わる重要な仕事を来たばかりの異国の人間に手伝わせていいのかは、疑問です。笑

 

他にもツッコミどころがたくさん。

締切は木曜日にもかかわらず疲れたからと昼過ぎには帰宅したり、金曜日にも終わる気配がなく俺は来ないけどお前は土日も働けと言われたり、もうカオスです。

 

おお、アフリカに帰ってきたなと思い知らされ、逆に楽しくなってきました。

 

いろいろカオスだったので割愛しますが、他のオフィスの人の助けもあってなんとか完了。正直、いいのかな感がハンパなかったですが……。

絶賛、異文化交流中です!!

日本を繋ぐ架け橋に

とにかく、今はビジネス振興課のメンバーたちと信頼関係を築くためにも、必死で取り組むしかありません。

知識や技術の移転という役割の他に、外交官としてルワンダと日本を結ぶという大きな役割もあります。

日本の信頼を貯めれるように、ベストを尽くします。

 

その努力が報われたのか、最後に登録作業を手伝ってくれた人が個人でビジネスをしており、今後の活動に繋がりそうです。

また、ビジネス振興課に新しいメンバーが加わっており、このルワンダ人女性が一緒にコーペラティブへ訪問をしてくれます。心強いかぎりです。

 

デープな一週間でしたが、今後に大きな希望を抱ける週にもなりました。ここからが勝負です。

全力で楽しみながら、ルワンダに揉まれまくってきます!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!!

シェアしていただけると嬉しいです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です