【るわ酒プロジェクト】早くもプロジェクト終了?!|#2

 

「るわ酒」が完成しました。

ルワンダのお米と水で日本酒は作れるのか、期待半分不安半分です。

 

毎朝、忘れずに1週間かき混ぜてきました。

この発酵させた日本酒を手ぬぐいで濾したら、ついに完成です。

 

このように本来日本酒は黄色味がかっているそう。決してルワンダの水がよくないということではありません。

 

とはいえ黄色過ぎないだろうか、ただ香りは日本酒そのものです。

 

さっそく飲んでみます。

 

……………。

 

うぇっ、まずい。

とてつもなく渋いくて苦い。口に含んだ瞬間、舌に鈍くて重い一撃をお見舞いされました。

飲めたもんじゃありません、まずい。ただ、後味は若干ですが、日本酒っぽい。

 

まずいにしても甘ったるいとか、その程度だと想像していました。

ところが、想像のはるか斜め上いく渋みと苦味のマリアージュ。果たして、何か変えれば日本酒に近づくのだろうか。

 

ただ、リトライしようにも改善点が、さっぱり分かりません。

 

原料の問題ならほとんどゲームオーバー。

製造過程の問題ならまだ余地はありますが、どこを変えるべきか検討がつかない。

 

今回で無理だった、と諦めることもできます。

むしろ、そうするべきでしょう。

 

しかし、諦めません。すこしでも飲めるものにしたい。

とりあえず、もう一度だけチャレンジしてみます。

 

今度は、ルワンダで手に入るものしか使わない、正真正銘メイドインルワンダの日本酒「るわ酒」を。

 

レシピ通り作って、激マズイエロードリンクができたので、いきなりアレンジしたら、どんなものが生まれるのか恐ろしいですが。

 

とかくあと少しだけ、るわ酒プロジェクトは続きそうです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!!

シェアしていただけると嬉しいです!

 

【るわ酒プロジェクト】ついにルワンダ日本酒プロジェクト始動|#1

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です