ロックダウンでいちばんの弊害は食事でした

 

パスタ、パスタ、パスタ。

 

もう毎日パスタ。

これがロックダウンによる最大の弊害でした。

感染拡大を受けて、外食は禁止に。

 

ぼくは毎日同じものでも、別に大丈夫な人間です。

これまでも毎晩パスタを食べていました。

 

ところが、これが毎食になると話は別なのです。

朝はゆで卵とバナナなので、正確には昼と夜。1週間に21食あると考えると、14食パスタ。つまり、おおよそ食事の70%がパスタ。

 

しかも、ペペロンチーノかトマトソースの二択。なぜなら、これしか作れないから。

さすがに、ここまでくると、嫌になってきます。

 

お米や小麦粉は買えますし、じゃがいもや玉ねぎといった野菜も手に入ります。

調理できないのと、そもそも調理をする気がないので、自業自得です。

 

そんなパスタ生活の救世主が、日本から持ってきたパスタソース。

これが最強です。茹でたパスタにかけるだけ。そこには日本が現れます。

 

キューピーさんには足を向けて寝れません。

リスペクトを込めて、あのトンガリヘヤーにしようかと思うほど。

 

日本でたくさん買い込んできたつもりだったのですが、残り6袋。

任期があと6ヶ月なので、月に一袋しか使えない計算しかないのです。つまり、1ヶ月に2食。

 

これから厳しい半年間になりそうです。

 

【2021】JICA海外協力隊ぜったいに持ってくるべき持ち物TOP5

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です