ついにルワンダ人の結婚式に!!

 

結婚式に誘われた。

職場にいる仲のいい警備員のボスコが結婚式に誘ってくれました。

 

いつものように出勤すると、突然呼び止められました。

ふだんなら顔パスなのに何故と歪んだ顔で彼の元へくと、120%の弾けんばかりの笑顔で、結婚式の招待状を渡してきたのです。

 

えっ? 結婚?

結婚式への参加は、ルワンダでやってみたいことリストの一つで、とにかく嬉しかった。

 

けれど、警備員のボスコはぼくの父くらいの年齢なはず。だいぶ晩婚だな。

まあ、結婚するタイミングなんて人それぞれだもんな。それに一回目とは限らないか。別に何回結婚式を挙げたっていいさ。

 

いつも警備会社の堅苦しい制服を着ている彼が、白いタキシードを着ているのを想像するとにやけてしまう。今から楽しみです。

 

職場のデスクで、改めてボスコの結婚式の招待状を開いてみます。

素敵な招待状にうっとり。祝い事はいいですね。

 

ところが、どこを探しても彼の名前が見つからない。

新郎新婦の欄には、初めて見る名前が綴られています。なるほど、ボスコというのはあだ名で、これが本名かと納得。

 

すると、小さく書かれたボスコという文字が飛び込んできました。

ん? じゃあ、この結婚するのは誰?

 

冷静になって、頭から読み返してみると、彼の息子の結婚式であることが判明しました。

 

いや、息子知らんし。

一度も会ったことがないし、向こうも知らない外国人が来たら困るだろうし。

だって結婚式に、父親の友達がたくさん来たみたいな感じだよな……。

 

想像してみると、意外にも嫌じゃない。

むしろ嬉しいかもしれない。

 

ボスコの息子は知らないけど、めでたいし、行きたいから遠慮なく行こう!

友達の子どもの結婚式楽しみ!!

 

※ワクチン接種のため一時帰国するになり、参加できなくなりました。ほんとに残念。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です