帰ってきたあの男

 

あの男が帰ってきた。

 

炭屋のジョナスの従業員だったエジデが帰ってきた。

 

彼の肩を抱いて飛び上がるほどに嬉しかった。

なぜなら、優しさが滲みでた可愛い笑顔のエジデくんが大好きだったから。

 

半年前まで彼は、ぼくが支援している炭屋のジョナスの店で働いていた。

だが、誰かに唆されたのか、ある時から自分で店を始めたのだ。

 

なんと、ジョナスの店の横で。

しかも、商品は炭。

 

エジデくんは店を辞める理由に、病気を直すために実家に帰ると、ジョナスに伝えたのにだ。

 

さすがに無理がある。

元雇い主の横で同じものを売っているのが、バレないはずがない。(ルワンダ人よ、ぜったいにバレる嘘をつくな

 

案の定、1ヶ月もしもないうちに彼はどこかへと消えてしまった。

 

悲しかった。

彼の笑顔を見れなくなることが。もう二度と会うことはないと覚悟した。

 

エジデくんが去ったあとも違う従業員を雇って、ジョナスの支店は営業を続けていた。

ところが、1ヶ月ぶりに任地に帰ってくると、ジョナスの支店は閉まっていた。

 

聞くところによると、しばらく従業員が病気で休んでいるようで、また新しい従業員を雇わなければと嘆いていた。

 

その翌日だった。

職場に向かうためにジョナスの支店の前を通ると、そこにはあの男の姿があった。

あのチャーミングな八重歯が見えた瞬間、思わず彼の肩を抱いた。

 

よかった。ほんとうによかった。

ジョナスは新しい人を雇うとは言っていたが、まさかエジデを再雇用するとは予想だにしていなかった。

 

しかし、翌日、エジデくんの姿は別の場所にあった。

なんとジョナスの店ではなく、自分の店を開いていた。

 

別に、自分で店を持つことは良いことである。

ただ、なんでまた炭……。そして、なんでまた元雇い主の近隣に……。

 

おいおい、エジデよ。

学習してくれよ。

 

とかくエジデくんに再会できたのは嬉しい。

あとはジョナスの店とケンカしないように、どっちの店も繁盛することを祈るしかない。

 

また日常から彼の優しい笑顔を失うのは嫌だから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です