ルワンダ人よ、ぜったいにバレる嘘をつくな

 

ルワンダでは、なぜそうなった? と首を傾げたくなることがよくあります。

それのひとつが、炭の販売店で働くエジデくんの話。

 

毎朝、通勤するときに通る道に、炭の専門店がありました。

 

後で知ったのでしが、その店はぼくが支援している炭の専門店のオーナーの自宅兼支店だったのです。

そして、この支店の従業員として雇われているのが、エジデくん。

 

店の前を通ると、必ず店から出てきてくれます。

エジデくんの笑顔がほんとうにチャーミングで、優しさが滲み出てるのです。

そんな彼の笑顔に元気をもらって、仕事へと行っていました。

 

いつも通り、仕事へいくために郡庁に向っていました。

ところが、店も閉められている。もちろん、エジデくんもいない。

 

今日は珍しく休みかと思って、数メートル進むと、こちらに全力で手を振るエジデくん。

なぜ今日は別の場所にいるのか聞いてみました。

 

すると、彼は自分で店を始めたというのです。

しかも、商品は炭。これまで働いてた炭の店から、目と鼻の先の場所で。

 

驚いて、炭の専門店のオーナーに尋ねてみると、エジデは病気になって地元に帰るから辞めたんだと言うのです。

 

地元になんか帰っておらず、店を開いてたことを伝え、オーナーもびっくり。

 

後日、オーナーと一緒と支店の方に行くと、急いで隠れるエジデくん。

オーナーと顔を合わせるのが、とてつもなく気まずいのだろう。

 

そりゃ、合わせる顔がないよ。

 

エジデよ。

なぜ、ぜったいにバレる嘘をついた。

同じ街でもいつかバレるのに、雇主の家の目と鼻の先で商売を始めるなんて……。

しかも、よりよって商品は炭って……。

 

炭の専門店のオーナーの自宅兼支店は、支店といえどエジデくんが始めた店の10倍以上の大きさ。どう考えてもエジデくんに勝ち目がない。

 

けれど、彼の自分の店を持ちたいというロマンは分かるし、その真っ直ぐ姿をぼくは応援しています。

 

なにより、毎朝キュート八重歯を見せて、全力でおはようと言ってくれる彼のことが大好きだった。

だからこそ、こんなことになって欲しくなかったのです。

 

炭屋のオーナーはすぐに次の従業員を見つけて、支店の営業を再開しました。

それから2、3週間して、エジデくんの姿を見ることはなくなったのです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!!

シェアしていただけると嬉しいです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です