【閲覧注意】数の暴力の前に為す術はない

 

大雨が降った次の日。

支援先を訪れるために、街から畑のある村へとくだります。畑までの道は水溜りだらけ。乾いた土の部分を探しながら、自転者を漕ぎ進めます。

 

畑に到着し、水田の横の一本道を駆けていると、前方に水の流れが見えます。

 

昨日の雨はすごかったもんなと近づいてみると、それは水ではありませんでした。

 

なんとその黒い影の正体は、アリ。

大量のアリが大移動。

 

初めはゾッとしましたが、すげえと言う感嘆に変わります。

それはただの移動ではなく、無数の小さなアリが、数匹の大きなアリと戦っているのです。

 

おお、動物奇想天外のヤツや! と自然とテンションが上がります。

これこそアフリカっぽい。

 

しかし、冷静に見てみると地獄絵図。

 

大きな1匹のアリが、小さ20匹ものアリに一斉に噛みつかれている。

いかにも硬くて強そうなアリでも、弱そうなアリに囲まれリンチされれば、為す術がないのです。

 

この世は、数に勝るものはないという事実を突きつけられます。

圧倒的な数の暴力の前には、ひれ伏すしかないのです。

 

世界人口1位の中国、右肩上がりに人口が増え続けるアフリカ。

我が母国が食い尽くされる日もそう遠くないはずです。

 

こんな世紀末のアリの戦乱を見せられると、どうしても日本の未来を憂いずにはいられません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です