怒涛のキニアルワンダ語VS怒涛の日本語

 

驚くほどツノの長い牛の大群がいた。

これは写真に収めなくてはと、スマートフォンをカメラの起動した。

 

シャッターを切った瞬間、牛の飼い主らしきおじいさんが、ものすごい剣幕でこちらへ向かってきた。

 

キニアルワンダ語でなにやら怒っているようだ。

しかし、何を言っているのかまったく分からない。おそらく、写真を撮ったのなら金を払え的なことだと予測できる。

 

おじいさんのあまりの勢いに怯んでしまった。

どうにか片言のキニアルワンダ語で、和解を目指そうと試みたがうまくいかない。

 

止まる様子のないおじいさんを見て、あることを閃いた。

そうだ、こちらも日本語でまくしたててみよう。トラブル時に母国語で反論すると良いと、誰かが言っていた気がする。

 

依然として荒ぶっているおじいさんに、早口で日本語をぶつけてみた。

「ぼく日本語しか分からないから、何を言っているのかさっぱり分かりません。ごめんなさい、おじいさん」。

 

すると、こちらに向かって来ていた足を止め、表情が緩んだ。

 

この隙を見逃さずに「ごめんね、おじいさん。日本語しか分からないんだよ」と、日本海の荒波のごとく畳みかけた。

 

おじいさんは恐怖を感じたのか諦めたのか、笑って立ち去っていった。

よかった。なんとか乗り切った。

 

怒涛のキニアルワンダ語を投げかけられるとビビるのと同様、怒涛の日本語も怖いのだろう。これは有効だ。

 

ただ、今回は難を逃れることができたが、もし相手が本気でヤバいヤツだったら命はないだろう。

なので、秘技・日本海は封印することにした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です