カガメ大統領にどうしても言いたいこと

 

現在、開催されてる東京オリンピック。

ルワンダにいると、どのくらいの盛り上がりを見せているのかが、まったく分かりません。

 

無観客で開催となったものの、待ちに待ったオリンピックに日本中が熱狂しているのでしょう。

 

ところが、ルワンダでは、オリンピックの「オ」の字も耳にしません。

 

気になって、ルワンダ人に聞いてみることに。

そもそも、オリンピックを知っているのか。そして、今どこで開催しているか知っているのか。

 

もちろん、オリンピックは知っているとの答えが返ってきす。

ところが、開催地の質問には言葉が詰まり、宿題にしてくれ懇願するではありませんか。

 

まず、現在オリンピックが行われていること。

そして、日本で行われていることも、知られていませんでした。

 

たしかに、東京オリンピックに出場しているルワンダ人選手は、わずか5名。

陸上2名、水泳2名、自転車1名です。

 

なので、関心が低くてもおかしくありません。

自分からアクセスしないかぎり、オリンピックの情報が入ってくることはないのです。

 

一方、ある国際大会の情報は、耳を塞ぎたくなるほど入ってきました。

 

それは、EURO 2020です。

 

1ヶ月前ほどに開催されたヨーロッパのナンバーワンを決めるサッカーの大会です。

 

ぼくが眠りに入るか入らないかのタイミングで、「GOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOALLLLLLLLL」と、大音量で叫ぶ声が聞こえてくるのです。

 

我が家の警備員が、外でユーロの中継をラジオで聞いているからです。

夜にうるさいし、結果が気になってしょうがないし、どんだけ伸ばすねんとツッコまずにはいられません。

 

よく行くホテルのレストランのスタッフたちも、仕事そっちのけで3、4人仲良く固まってユーロ観戦。

やっぱりルワンダでも、サッカーは大人気です。

 

ルワンダのカガメ大統領も、プレミアリーグのアーセナルのファンで有名。クラブのスポンサーになるほどです。

 

ただ、もしカガメ大統領に会う機会があれば、どうしても言いたいことがあります。

 

「ぼくは、スパーズの大ファンです」と。

 

日本との国交を危ぶむ結果になろうと、ぜったいにお世辞は言いません。

アーセナルより、トッテナムの方が上だと。

 

とにかく、東京オリンピックはルワンダでは、何ひとつ盛り上がっていません。

すこし寂しいです。日本で、オリンピックが観たかった。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です