モノの捉え方。人間力サミット3日目。

 

ムラホ!!

大石祐助です!

 

GWの人間力サミット開催から、だいぶ時間が経ちましたが、これが最後です。3日目の講演を紹介させてください!

3日目は、経営コンサルタントの福島正伸さん、ホスピタルクラウンの大棟耕介さん、花まる学習会代表の高濱正伸さん、YouTube講演会の鴨頭嘉人さんの4人です。最後の最後まで、最高でした!!

 

この日は、「なぜ大人たちは、鼻血を出して会社に行ってないの?」という話から始まった福島先生に、心をわしづかみにされました。笑

 

中でも印象深かったのが、やる気のない部下が上司を育てるというお話。

「自分に矢印を向ける。やる気のない人は自分を成長させるためにいる。周りの人や環境はすべて自分の成長のためにいる」

自分には、こんな捉え方は出来てなかったなと、反省しました。

 

捉え方一つで、全く変わってきます。

マイナスに解釈してしまうと、周りの人や環境に矢印を向け「やる気のない部下が悪い、この環境が悪い」と自分も周りも不幸になっていきます。

反対に、捉え方ひとつ変えるだけで、自分も周りも幸せにできます。

少し視点を変えると、世界が変わります。

 

また、大嶋さんから意見や質問を投げかけられると、明るい声で「嬉しいです」「ありがとうございます」という言葉を、たくさん口にしていたのが印象的でした。

どの講師の方も、本当に言葉を大切にしていました。

 

3日間、様々な方のお話を聞いて、共通しているなと感じたことがあります。

 

それは「モノの捉え方」です。

このコロナウイルスによる未曾有の事態に、、、

 

「新しい時代をどう生きるか?どう面白くするか?」

「日常がいかに大切だったことを気づかせてくれた」

「全ては必然で、全てにギフトがある」

「どうなっていくかではなく、どう描きたいか」

「できないことの中で、できることを考える」

 

などと、みなさん「前向きなモノの捉え方」をしていました。

 

本当に充実した3日間になりました。

まだ、YouTubeで見れると思うので、ぜひ見てみてください。とっても勉強になります。

 

素晴らしい機会を提供してくださった大嶋啓介さんには、感謝しかありません。

大嶋さんの常に笑顔で、時に大きくうなずき、メモをとりながら、みなさんの話を聞く姿には感動を覚えました。にじみ出る優しさや愛、飾らない自然体な姿はステキでした。

 

こういう世界が大変な時にこそ、困っている人のために動ける人間になりたいと強く感じました。良い出会いを本当にありがとうございました!

 

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です