夜の住宅街に響くバイクのエンジン音は寂しい

夜

 

夜の住宅街に響くバイクのエンジン音は寂しい。

自分はここにいるよ。

と、必死に訴えているようにしか聞こえないのだ。

 

床に就こうとするとき、大きな無遠慮な音が聞こえてきた。反応的に「うるさい」「静かにしてよ」と思った。

でも、なんで住宅街の真ん中で、ひとり騒音をだすのか不思議だった。音の主に思い巡らしてみた。

 

社会は問題児や不良を排除しようとする。

しかし、そこには声なき声があるのではないか。

 

構造主義のレヴィストロースやフーコーは、未開や狂気が劣位に置かれ、文明や理性の高位に置かれていることに意義を唱えた。

それに対してデリダはポスト構造主義と言われる立場ををとった。未開と文明の対立構造ではなく、その根底にある次元を考えた。

 

優等生と不良のその根底にある次元を考えると、何が見えるだろうか。

 

そこには愛がある。

 

優等生は、親や先生からの愛がほしい。不良も、誰かからの愛がほしい。

どちらも等しく愛を欲しているのだ。

こんなことを書いているぼくも愛を欲しているのだろうか。

 

つまりこの世界は愛に溢れている。

 

目の前の事象に反応的になるのではなく、根底にある次元を慮る。

たくさんの愛が見つかるかもしれない。

 

今日もまた愛を叫ぶ声がひっそりとした住宅街に響き渡る。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です