【今週の1冊】人生最後の日にガッツポーズして死ねるたったひとつの生き方

 

ムラホ!!

大石祐助です!

 

今週の1冊は、ひすいこたろうさんの『人生最後の日にガッツポーズして死ねるたったひとつの生き方』です。

 

ひすいさんと言えば、ベストセラーの『3秒でハッピーになる名言セラピー』が有名です。他にも『あした死ぬかもよ?』『前祝いの法則』とステキな本ばかりです。

 

天才コピーライター、ひすいさんの「ものの見方」に、アッと驚かされたり、クスッと笑わされたりする間に、気づいたら読み終えています。

その文章は、優しさや愛であふれています。だからか、スッと心に入ってきます。

 

今回はそんな、ひすいさんの新作です。

日本を夜明けに導いた、5人のサムライたちの物語です。

 

彼らのカッコいいその生き方から、自分たちの「生きる理由」を見つけられる本になっています。

 

「『カッコいいって、こういうことだ!』そんな生き方を貫いた5人の生き方に惚れるとき、あなたのなかに「生きる理由」が立ち上ってくる仕掛けです。」

 

という冒頭から物語は、始まります。

 

最初に登場するサムライは、吉田松陰です。

 

初っ端から魂をゆさぶってきます。「なんのために学ぶのか」「なんのために生きるのか」「なんのために命をつかうのか」松陰先生の力強い生き様は、胸を熱くさせます。

 

物語は、高杉晋作、野村望東尼と続きます。

 

4人目のサムライは、ジョン万次郎。

 

目からウロコでした。「ジョン万次郎ってこんなにすごかったのか」「彼を助けたホイットフィールド船長かっこいい」と感動が止まりませんでした。

「与えられた環境で、ベスト尽くす」その大切さを、改めて教えてくれました。ベストを尽くし続ければ、扉は開くのだと。

ジョンマンが気になりすぎて、即、Amazonで彼の本をポチっちゃいました。笑

 

ひすいさんが日本史の先生だったら、どんなに歴史が好きになったていたことか、、。

 

そして最後は、坂本龍馬の生き方で締めくくられています。

いやー、どのサムライもカッコいいですね。

 

一番最初に登場した吉田松陰は、自らは何も成すことできませんでした。しかし、最後に、志は果たされます。すべてがつながっていきます。それぞれが志を持ち、一人ひとりに役割があり、命を使い切り、日本は夜明けを迎えます。

 

5人のサムライたちは、志を果たすために命懸けで生きていました。

 

今を生きる僕たちは、彼らのように命を狙われたりはしません。でも、命懸けなのではないかと思うのです。

なぜなら、命の時間は刻々と減っていきます。僕らは意識してないだけで、命を使って生きています。

だとしたら、やりたくないもないことや取るに足らないことに、命を懸けていていいのだろうか、そう強く思わせてくれました。

 

5人の生き方は、本当にカッコいいです。でも、一番カッコいいサムライは、6人目のサムライ。ひすいさんです。

 

4次元ポケットから、未来を面白くする考え方を取り出す「この星のドラえもんになる!」という旗を掲げている、ひすいさんに惚れました。

 

今こそ、新しい時代を創るためにも、読んでみてはいかがでしょうか。

 

人生最後の日に ガッツポーズして死ねる たったひとつの生き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です