大義名分があればルワンダ人の中に飛び込むのも怖くない

 

人間は、なんでもかんでも意味を求める。

 

雨上がりにかかった虹にも意味を求めるし、フライドポテトの脇に乗ったパセリにも意味を求める。

ぼくたちは湯呑みに立った茶柱や目の前を横切る黒猫にだって、意味を与えた。

 

そんな物事に意味はないのだけれど、意味を与える。

でないと、立っていられないのだ。

 

そもそも人間が生きること自体に意味なんてない。

であれば、生きていくことは苦行でしかない。

 

だからこそ、人生に意味を与える。

 

行動ひとつ起こすのにも、意味を求める。

動きたくない自分を動かすには、それなりの意味が必要なのだ。

殊に、気の進まないことなら、それなりの大義名分が必要になってくる。

 

それはルワンダでのこと。

毎週、ルワンダ人の大工の団体に訪問する。何回訪れようと、屈強なルワンダの職人たちが、50人近く働く中に飛び込むのは勇気がいる。

いつも落ち着かず、終始どきまぎしている。

 

ところが、訪問するのに明確な意味があると、様相はまるで変わる。

我が物顔でルワンダ人軍団を掻き分けて歩けるようになる。今日は団体の代表に会いにきたという大義名分があるだけで、心持ちがまったく変わるのだ。

 

たとえば、ドンキホーテのアダルトなゾーンに入りたいけど、恥ずかしくて入れない。

けれど、友達のプレゼントを買いに来たという大義名分を手にすると、入れるようになる。

 

他にも宗教戦争。

異教徒を殺すことが善とされ、むしろ彼らのためにも殺してあげる方が良い、という大義名分があった。

この大義名分が、人を命を奪うことを可能にした。

 

この大義名分、意味、理由、目的といったものは、人間に大きな力を与える。

それは、プラスの方向に働くこともあれば、マイナスの方向に働くこともあるのだ。

 

人間なんでもかんでも意味を求めるけど、意味を与えるならプラス方向に進める意味を心がけたい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です