ルワンダの息を呑むほど美しい景色

 

千の丘の国と呼ばれるルワンダ。

小高い丘が連なるその大自然は息を呑むほどに美しい。

そしてルワンダには、もう一つ思わずため息がこぼれてしまうほどに美しいものがある。

 

それは、ルワンダ人女性の胸。

 

目の前に胸元を大胆に露出したルワンダ人女性がいると、どうしても目がいってしまう。気づけば釘付け。

思わずスタンディングオベーションで迎えたくなる。

 

決して性的な衝動ではなく、ミロのヴィーナスに見惚れるのと同じで、純粋な美の対象として感服するのだ。

 

胸の形やハリ、肌のきめ細やかさ、まさに美乳。

ほんとうに美しい。この美乳はどこからくるのだろうか。

 

温暖な気候だろうか、穏やかな国民性だろうか、主食のバナナだろうか、姿勢の良さだろうか、千の丘の国だからだろうか。

はたまた赤道直下の強い遠心力が美乳を創り出しているのだろうか。

 

カナダの幻想的なオーロラに心を奪われるように、スイスの荘厳なマッターホルンに魂を震わせるように、ルワンダの神々しい谷間に感涙する。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です