【今週の1冊】行こう、どこにもなかった方法で 

 

ムラホ!!

大石祐助です!

 

今週の1冊は、寺尾玄さんの『行こう、どこにもなかった方法で』です。

 

久々に、いい本に出会えました。

 

寺尾さんは、バルミューダ株式会社の創業者です。

バルミューダと言えば、自然な風を再現した扇風機や最高に美味しいトーストが焼けるトースターが有名です。その性能はもちろんですが、デザインが洗練されていて、ひとつのアート作品のようです。

 

寺尾さんは、バルミューダを創業する前まで、ミュージシャンでした。

そして、アップル、ヴァージン、パタゴニアの3社をみて、事業の世界でも、音楽の世界と同じことができるかもしれないと思い、バルミューダという会社が誕生していきます。

 

ミュージシャンを目指すまでは、詩人や作家にもなるものだと考えていたそうです。だからか、表現がとても豊かで、物語の中にどんどん引き込まれいきます。

幼少期から、中退して旅に出る高校時代、ロックスター時代、バルミューダの創業、と手が止まらなくなります。

 

この本も、まさにアートです。文章やストーリーが、本当に美しいです。その寺尾さんの人生は決して、すべてが順風満帆ではないです。しかし、それが美しい。本当にいい作品に出会いました。

 

一節、紹介させてください。

 

「私たちは、何かが不可能だと言うことはできない。なぜならまだ試していない方法があるかもしれないからだ。できないかもしれない。でも、できるかもしれない。だから、どんな試みも、それが不可能であるということを証明するのは、不可能なのだ」

 

寺尾さんは、ロックスターを目指していました。ミュージシャンとしていい所まで行けそうでしたが、だめでした。

そして、今では、バルミューダを2003年に創業し、2017年の実績ですが、売上高は89億円を収めています。

 

まさに「できないかもしれないし、できるかもしれない。でも、不可能はないのだ」

このことを、本を通して、人生を通して、伝えてくれています。

 

どうなるか分からないからこそ、いまを本気で取り組む。もし、うまくいかなかったなら、別の方法を試してみる。あきらめずに、できる方法を考えて、試し続けるかぎり不可能はないのです。

その結果が、どっちに転ぶか分かりません。できない時もあれば、できる時もあるのです。だからこそ、やるんです。

 

寺尾さんの生き様は、僕たちに多くのことを教えてくれます。

ほんとにかっこいい。読んで後悔することは、ぜったいないです。

 

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます!!

 

行こう、どこにもなかった方法で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です