【今週の1冊】読書という荒野

 

ムラホ!!

大石祐助です!

 

今週の1冊は、見城徹さんの『読書という荒野』です。幻冬舎の代表取締役社長で、創業者です。

 

以前から気になっていたのですが、本屋でたまたま見つけて、ついに買うに至りました。本屋は、こういう出会いがあるから、面白いです。なかなか運命の出会いは、ないのですが、、、笑

 

ただ今回は、運命の出会いでした。このタイミングで、見城さんに出会えて、本当によかった。

読書をしていて、こんなに時間が濃かったことはないです。言葉ひとつひとつの濃度が高いのだと思います。

 

見城さんがこれまで読んできた本や、仕事をしてきた作家さんを通して、究極の読書論が語られています。

 

「読書とは自己検証、自己嫌悪、自己否定を経て、究極の自己肯定へと至る、最も重要な武器である。生きていくということは矛盾や葛藤を抱えて、それをどうにかしてねじ伏せるということだ」

 

見城さんの読書論を読んでいると、鈍器で頭を殴られたような感覚になります。自分は、なんて浅はかだったんだろうと。

 

これまでの自分は、本に効率を求めていたのだと思います。

初めて本に出会ったときの衝撃を求めて、インスタントに人生を変えてくれるような本を求め、効率重視の読み方をしていました。

 

もちろん場合によっては、そのような読み方が必要ときもあります。 しかし、今までの自分は浅かった。そう言わざるを得ないです。

 

考えることを放棄していた。言葉をなぞるだけで、思考していなかった。答えだけを求めていた。

たとえ苦しくても考え抜いて、自ら言葉を紡ぎ出す。

その過程こそが、人生を変え得る大切な要素だったのだと思います。その過程を通じて、成長していけるのだと思います。

 

正しい、正しくないではない。良い、悪いでもない。でも、自分の未熟さを恐ろしく痛感しました。世界は、もっともっと広いのだ。

 

見城さんは、そのことを教えてくれました。

今、気づけて本当によかったです。

 

認識者から実践者へ。本当の意味での実践者へ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です