STORY

 
ムラホ!!
大石祐助です!
 
「なぜ青年海外協力隊になったのか?」また、「なぜこのような活動をしているのか?」少し紹介させてください。
 
僕は、
 
普通に小学校へ行き、校庭を走り回り、
普通に中学校へ行き、反抗期になって、
普通に高校へ行き、部活で汗を流し、
普通に大学へ行き、バイトして遊んで、
普通に就職しました。
 
「みんなと一緒」
 
「いい大学に行って、いい会社に入る」
 
ここ最近までこれが普通で、当たり前だと思って生きてきました。
 
幼い頃から「周りの目を気にして、周りに合わせて」生きてきました。みんなと違うと、大きな不安や恐怖を抱いていました。
僕は、親や学校の先生、友達の言うことを何も考えずに、それが普通で、当たり前だと思って生きてきました。
 
いま思えば、完全に「思考停止」していたのだと思います。
 
自分の頭で自分の人生について考えることをしてこなかった22年間。当たり前のように就職活動は失敗。おそらく100社以上は落ちました。
自分はなんて無力なのだろうと絶望しました。最後の最後に頼れるのは、自分自身しかいないのだと痛感しました。
 
この挫折で私は22年間で初めて
 
「成長したい」
 
「強くなりたい」
 
と自分で考えるようになりました。
 
最終的には唯一、拾ってくれた会社に行きました。地方の中小企業です。この会社との出会いで、僕の人生が変わり始めます。
 
1つの会社と出会い、1冊の本と出会い、世界が変わりました。入社前の課題の読書感想文でした。松下幸之助さんの「若き社会人に贈る言葉」でした。
 
この「若き社会人に贈る言葉」に感銘を受けました。内容はもちろんだったのですが、「本」というものに衝撃を受けたのを今でも覚えています。
そこから仕事をしながら3年で600冊以上は読んだと思います。それまで読んだことがあったのは「かいけつゾロリ」くらいだった僕がです。
 
沢山の人と本の中で出会い、自分が生きていた世界の狭さを思い知りました。少しずつですが、成長しているように感じていました。
 
しかし、働くということは、正直甘くなったです。会社に入って1年も経つと、様々なことが起こりました。休日出勤、大好きな祖母の死、職場の人間関係、友人が心の病に、、、こんなに苦しい思いをしてまで、「何で働いているのだろう?」「何で生きているのだろう?」と毎日考えるようになりました。
 
でも答えなんか見つからず、苦しかった。ほんとうに辛かった。いっそのこと、あのトラックが急に暴走して自分のことをひいてくれないかなと本気で思ったこともありました。自分で死ぬ勇気はなかったから。
 
この時、読み漁った本の中で出会った、1人の先生の言葉に救われました。
 
「いま死ねない理由が、生きる理由になる」
 
トラックにひかれたいと思うと、この言葉が出てきました。
 
「いま、死ねないな」
 
「死にたくない」
 
と心の底から出てきました。
 
「なんで死ねないのだろう?」
 
両親や妹たちに何も返せてないな、親友たちも悲しませるかな、見てみたい景色がたくさんあるな、この世界に何も残せてないな、、、まだやりたいことが沢山ある。涙と共に死ねない理由が心から湧き出てきました。
 
同時に生きたいと。
 
僕は今まで、おとうさん、おかあさん、おばあちゃん、おじいちゃん、妹、友達、学校の先生、会社の社長、職場の仲間、とたくさんの人から、たくさんの恩を受け取ってきました。だから今の自分があります。
 
恩は色々なところにあります。
 
恩を送ってくれるのは、身近な人だけじゃないです。朝起こしてくれる目覚まし時計も、会社へ向かう時に乗る電車も、笑顔をくれるコンビニの店員さんもです。すべてに、そこに関わる人の恩があります。
 
毎日、毎分、毎秒、色んな人からたくさんの恩を受け取って生きています。自分はたくさんの恩で溢れていることに気がつきました。
 
そして、今度は、自分が恩を贈る番だと。
 
僕は「恩贈り」という人生観を果たすために生きようと。恩を贈るために自分の命を使い切ろうと決めました。
今まで、みんなから受けてきた恩を。この恩を贈りたい。そのために生きたい。
 
次は自分が恩を贈り、世界を変える番だと。
 
僕は「恩贈り」という人生観を実践するために、3年4ヶ月前勤めた会社を辞め、世界へ飛び出しました。
 
アフリカという今よりも、もっと厳しい環境に身を置き、もっともっと成長して、たくさんの恩を贈れるように。
 
たくさん失敗もします。これからもたくさん失敗すると思います。正直、こういう発信をするもの怖いです。自分のしていることは合っているのか不安になります。まだまだ未熟です。
 
だからこそ、意味があると思っています。未熟で、何もできないからこそ、挑戦する。その姿に少しでも勇気が贈れればと。
 
今後、ルワンダにいる2年間、ブログやYouTubeなどを通して、言葉や考え方を贈っていきます。たった1人の人にでもいいので、僕が悩んできたこと、生き方そのもので誰かに勇気や希望を与えられたら幸いです。