【今週の1冊】あり方で生きる

 

今週の一冊は、大久保寛司さんの『あり方で生きる』です。

 

大久保寛司さんは、日本IBMで顧客満足の担当部長として働いておりました。退職後、20年にわたり、日本中のいい会社をまわり、人と経営のあるべき姿を探究されています。

 

大久保さんが70歳になって、分かったことがあるそうです。

 

「ほとんど何も分かってないことが分かったんです」と。笑

 

すごすぎませんか。全国各地から講演でひっぱりだこの方ですよ。いくつになっても、学ぶ姿勢でいる。こんなかっこいい大人になりたいものです。

 

そんな大久保さんですら、こうおっしゃっています。

 

「人を変えることはできない」と。

 

人を変えることはできません。

けれど、僕たちは人を変えようとしてしまいます。

職場で部下に「もっと早く仕事ができないのか」ときつく言ったり、家庭で妻に「なんでいつも、やってないんだ」と怒鳴ったり。

 

人を変えようとしています。

しかし、変えることはできません。これはできないのです。

僕も道の駅の店長時代、20人ほどのスタッフと働いていました。この頃、しょっちゅう人を変えようとしていました。

 

「おしゃべりしすぎないでください」

なかなか変わりません。変わって数時間後には、元通り。

変えようとして、変わらなくて、なんなの?と。その人の悪いところにしか、目がいかなくなります。そうなってしまうと、もう悪循環。

 

たとえ口に出さなくても「ちゃんと働いてほしいのに」などと、心の中で変えようとしてしまいます。

 

悪いところを見つけては、変えようとして、変わらなくての繰り返し。現状は何も変わらない。むしろ、悪化していきます。

 

人を変えることはできないです。

負のスパイラルに陥り、悪化するだけなのです。

 

できることは、ただ一つ。

自分が変わること。

 

「なぜ、できないのか?」から「どうしたら、できるようになるか?」です。常に自分を見つめ直します。

 

相手が動きたくなるような環境をつくる。

部下がミスしなくなるような仕組み考える。

妻が笑顔でいれるように優しい言葉をかける。

初めは、上手くいかないかもしれません。

 

正直、相手じゃなく、自分を変えようと思うのは簡単ではないです。すぐには、できないものです。

でも、あなたの周りの人も、自分自身も幸せになるには、これを続けるしかありません。

 

人を変えることはできない。

しかし、人が変わることはできるのです。

 

まずは、あなたからです。

この教えの他にも、幸せに生きるための教えがたくさん詰まっています。

特に、部下を持つリーダーに、読んで欲しい一冊です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です