【不満も不幸も自分で選んでいる】仕事がツラくなったとき、心がラクになる考え方

 

「明日も会社か、行きたくないなあ」

 

「なんで毎日こんなことをしなきゃいけないんだ」

 

と現状に不満を抱いていませんか?

 

かつての自分はそうでした。

「行きたくない」「辞めたい」「もういやだ」と思いながらも働いていました。

そんな中、ある日読んだ本の一節に、ハッとさせられたのを今でも覚えています。

 

それが、

 

「行きたくない会社を選んで、そこで働くことを選んでいるのは、あなたです」

 

ぐうの音もでなかったです。

たしかにその行きたくない会社に行き続けているのは、自分だったからです。

 

しかし、現状を「選んでいるのは自分」だと認識することができた結果、身も心も軽くなり、今ではアフリカにいます。(現在、コロナウイルスの影響できこくしてますが)

 

そんな僕が推奨する「仕事がツラくなったとき、心をラクにする方法」お伝えします。

 

① 情報に触れ続ける。

② 様々な選択肢を持つ。

③ 自分で選択する。

 

こんなことで、心がラクになるのかよと思うかもしれません。

情報に触れ続けて、様々な選択肢を持ち、自分で選択ができていれば、意外にも心が軽くなるのを感じると思います。

 

この「自分で選んでいる」という感覚が大切なのです。

 

僕たちはたくさんの選択をしています。

 

それは、小さなことから大きなことまで。

今日着る服や週末の予定。大学や会社、家の購入など。毎日、選択をして生きています。

 

今そこにいるのも、あなたが選択し続けた結果です。

もし、現状に不満があったり、幸せでないなら、それはあなたが選んでいます。

それは、あなたが選び続けた結果だから。

 

数年前の自分は、まさしくそうでした。

会社や親、社会など、いつも人や環境のせいにしていました。

 

社会人1年目の冬のことです。

新店舗の開業から副店長として働くことになりました。しかし、新しい店舗を軌道に乗せるのは簡単ではなく、3ヶ月以上も休みなく働き詰めでした。

 

「まだ1年目だぞ」

「いいかげん休ませろ」

「こんな会社ぜったい辞めてやる」

内心穏やかではなかったです。

 

そんな時、その言葉と出会ったのです。

「行きたくない会社を選んで、そこで働くことを選んでいるのは、あなたです」

 

意識が変わりました。

 

そもそも自分でこの会社を選んいるな、新店舗に行くのを決めたのも自分だなと。

いろいろな選択肢があった中、全部自分で選んでいるなと。

「自分で選んでいる」そう思えてからは、かなり気持ちがラクになりました。完全ではないですが、不満は消えました。

 

この現状は自分でつくっていると、自分の人生に責任を持つようになりました。

 

そこからは、意思表示や提案をしたり、自ら業務改善に取り組むことで現状を変えてきました。

と同時に、自分の中に様々な選択を持つようにしました。

会社を辞める、転職する、留学する、大学院にいく、専門学校へ行く、実家に帰って親のお世話になる、など出来るだけたくさん選択を持ちました。

 

それらの選択肢があるなかで、「今はこの会社で働くことを選んでいる」とより思えるようになりました。この「自分で選んでいる」という感覚が大切なのです。

その感覚を持てるようになる方法が以下なのです。

 

① 情報に触れ続ける。

② 様々な選択肢を持つ。

③ 自分で選択する。

 

まずは、良い情報に触れ続けてください。本やブログ、SNSやYouTubeなど良い情報に触れ続けてください。そうすることで、様々な選択肢を持ち続けることができ、たくさんの選択の中で、今はこれを選んでいるんだという感覚がつくれます。

 

そして、「ここだ」というタイミングで、次の決断をすればいいのです。良い情報に触れ選択が無数にあれば、必然的に良い選択もできるはずです。

 

繰り返しになりますが、「自分で選んでいる」という感覚が大切なのです。

何より、自分の人生に責任を持ち、ぜったいに諦めないこと。思考を止めず、考えつづけて、動きつづけること。そうしていれば、必ず道は開けていきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です